ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5313DW

観測者の夕べ

短編
あらすじ 地球で最後の男。
絶望して死のうとすると宇宙意思が語りかけてきた。
作者名 佐藤コウキ
キーワード 近未来
ジャンル 空想科学〔SF〕
掲載日 2017年 03月21日 11時43分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,783文字
N6383EI| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
小説家志望の佐藤コウは執筆の方向性を見失っていた。 そんなとき、ベストセラー作家から会いたいと申し込まれた。
N8571EH| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
 一人暮らしの男は、いつも眠れなかった。  夜の町をのぞき見しているうちに異変に気がつく。
N4914EE| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
 私は「出る」アパートに住んでいる。それを友だちの浩一に相談した。
N6216DF| 小説情報| 連載(全18部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
引きこもりのタカシは今日も登校せずに古本屋でエロゲーを探していた。 自転車をよけようと転んで死んでしまったタカシはワルキューレの要望で異世界に転生し魔王を倒すように依頼される。 持っていったのは魔法の剣などではなく、一冊//
N5313DW| 小説情報| 短編| 空想科学〔SF〕
地球で最後の男。 絶望して死のうとすると宇宙意思が語りかけてきた。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ