ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5290DW

雨の朝

短編
あらすじ 母との記憶。
雨の日の朝はこんなことを思い出します。
作者名 ユキネ
キーワード 日常 青春 ホームドラマ
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 03月21日 09時51分
最終更新日 2017年 03月21日 10時44分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 8pt
ポイント評価 4pt  : 4pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 299文字
N2012EC| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
真夜中の交差点。信号待ちしていた僕の携帯に、着信があった。
N8054EB| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
『お爺さん。動かない』  私はスマホにそう打ち込むと、滲み出る汗が頬を伝って口に入っても気にせず、必死に情報を探していた。
N5033EB| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
僕は彼女を見つけ出せるだろうか。 これは僕と彼女の、今と昔を繋ぐ物語。
N6727EA| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
雨が降っていた。ただそれだけで、全てが許されるような気がした。
N1067EA| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
ぼくは約束を破った。お姉さんとの約束を破ってしまった。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ