ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N5229DW

アノ子ガホシイ

短編
あらすじ 彼女のガラスのような瞳で見つめられると、私は言うことを聞かざるを得ない。
―――――そんな、責任転嫁の話。
作者名 優希
キーワード R15 残酷な描写あり  スプラッタ シリアス ダーク 女主人公 平成 現代 グロい 食人鬼 名無し
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 03月21日 02時36分
感想 2件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 22pt
ポイント評価 10pt  : 8pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,688文字
N7157EH| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
これは、文化祭のクラス企画のために書いた脚本です。 「不思議の国のアリス」の筋を辿っていますが、ほぼ自分の言葉で書きました。 なので、原作やディズニーアニメや絵本と違うところが多々あります。
N4481EH| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
忙しい時ってつい意識飛んじゃうよねって話。
N5229DW| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
彼女のガラスのような瞳で見つめられると、私は言うことを聞かざるを得ない。 ―――――そんな、責任転嫁の話。
N3512DO| 小説情報| 連載(全6部分) | エッセイ〔その他〕
これは、私が小学五年生の時の実話。 父に勧められた「何か起こせるかもしれない」本を片手に、理不尽な教師に立ち向かおうとした話。
N7456DV| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
自分の周りの人間が全員大嫌いな少年を、天使が助ける話。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ