ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4970EB

俺が知らない俺の恋人~中二にタイムリープした俺は、当時好きだった人に告白するつもりが何故か身に覚えのない美少女に好かれてしまったのですが~

あらすじ 俺(片桐和樹)は大学を卒業して社会人になってからも、中学時代に好きだった人を諦めきれずに、日々を過ごしていた。
そんなある日、俺は中二の春にタイムリープする。懐かしい教室。懐かしいクラスメイト。しかし俺の隣には見知らぬ美少女が座っていた。
隣に座ってるってことは、中二の頃同じクラスで過ごしていたはず。だけど全く彼女のことを覚えていない。
こんな美少女が隣に座っていて、存在を忘れることってあり得るのか……? 

これはタイムリープを果たした俺と謎の少女によるスクールラブコメディ。

(サブタイトルを変更しました)
作者名 秋本十六
キーワード R15 残酷な描写あり  スクールラブ 日常 青春 ミステリー ラブコメ 男主人公 学園 ハッピーエンド 三角関係 中学生 美少女 ギャグ シリアス 星球大賞2 星球大賞2感想希望
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
掲載日 2017年 06月22日 17時12分
最新部分掲載日 2017年 09月19日 21時49分
感想 13件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 758件
総合評価 1,772pt
ポイント評価 127pt  : 129pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 124,685文字
N4970EB| 小説情報| 連載(全55部分) | 現実世界〔恋愛〕
俺(片桐和樹)は大学を卒業して社会人になってからも、中学時代に好きだった人を諦めきれずに、日々を過ごしていた。 そんなある日、俺は中二の春にタイムリープする。懐かしい教室。懐かしいクラスメイト。しかし俺の隣には見知らぬ美//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ