ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4945CV

第三王子は発光ブツにつき、直視注意!

あらすじ 相手のオーラが見える貧乏伯爵令嬢のリナは、ある日王宮に行くことになる。そこで出会ったのは、あまりにも眩しすぎるオーラを持った第三王子のジルベルトだった。直視できない程のオーラに驚きつつも『自分には関係ない人』と、用が済めばさっさと帰る予定だったリナだが…。※オーラについては、物語りの都合上、作者の想像で書いている部分もあります。一般に言われているものとは異なることがありますのでご了承ください。※本編完結済み、番外編更新有り。
作者名 山田桐子
キーワード R15  ラブコメ 俺様王子様 腹黒侍従 普通に真面目な主人公 溺愛 最終的にらぶらぶ 王位継承争い 主人公の鬱展開なし ハッピーエンド
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2015年 08月20日 23時45分
最新部分掲載日 2017年 08月21日 12時00分
感想 67件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 11,141件
総合評価 27,808pt
ポイント評価 2,747pt  : 2,779pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 200,494文字
N4945CV| 小説情報| 連載(全54部分) | 異世界〔恋愛〕
相手のオーラが見える貧乏伯爵令嬢のリナは、ある日王宮に行くことになる。そこで出会ったのは、あまりにも眩しすぎるオーラを持った第三王子のジルベルトだった。直視できない程のオーラに驚きつつも『自分には関係ない人』と、用が済め//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n4945cv

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ