ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4401DT

行方(ゆくえ)

あらすじ 1990年前後を舞台にした、『「またね」』シリーズのひとつ。
「8月の魔法」、「私のホーム」のつづき。
時系列的には、キミとボクが3年の9月上旬から12月末まで。

キミとボクは海へ出かけた。今年のボクの誕生日、8月41日に。
タマキは背の高い彼氏とつきあい始めた。
キミとタマキとボク、3人の「これから」はどうなってゆくのか。
    *      *      *      *
「どこに行こうとしてるんだろうね」
「ん?」
「あなたと、私と、タマキちゃん」
作者名 ソラヒト
キーワード 写真 大学祭 コーヒー ビル・エヴァンズ クリスマス 貝殻 ジャズ 距離 黒薔薇 夢 ダブル・デート 誕生日 これから ドライヴ デューク・エリントン
ジャンル 純文学〔文芸〕
掲載日 2017年 01月20日 06時27分
最終話掲載日 2017年 03月21日 00時22分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 2pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 129,391文字
N0944DX| 小説情報| 完結済(全8部) | 純文学〔文芸〕
 『「またね」』関連作品。  時系列は「先輩と私と先輩と」の前、ボク(土井)が2年生になったばかりの4月のこと。     *      *      *      *  4月、桜の花びらが舞う頃、タマキとボクは出会った。//
N1671DZ| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
自分の気持ちをうまく出せない、へたっぴなあなた。
N6382DX| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
芽吹きも、花も、明るい光がさす方へ。命をつなぐ方向へ。
N8322DW| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
物語は時代に合わせて形を変えながら、消えることなくめぐりゆく。 そこに人がいるかぎり。 ※怪異は出てきません。
N7675DW| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
わたしの瞳をまっすぐに見つめて。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ