ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4395DL

怪奇アパート

あらすじ 裏野ハイツ。
敷地はブロック塀とアルミフェンスで大雑把に囲まれており、入り口脇にあまり主張しない感じで、アパートの名前が記されていた。
建物自体もお世辞にも綺麗とは言い難い。おそらく築二十年以上だろう。木造アパートは最近でも珍しくはないが、外観を一望しただけでどこか不気味に感じる、そんなアパートを他に見たことがない。その雰囲気に僕は一瞬で魅了されていた。
作者名 ノイジョン
キーワード 怪談 夏のホラー2016 裏野ハイツ
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2016年 08月04日 01時31分
最終部分掲載日 2016年 08月04日 11時00分
感想 6件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 50pt
ポイント評価 25pt  : 23pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 16,884文字
N4395DL| 小説情報| 完結済(全4部分) | ホラー〔文芸〕
裏野ハイツ。 敷地はブロック塀とアルミフェンスで大雑把に囲まれており、入り口脇にあまり主張しない感じで、アパートの名前が記されていた。 建物自体もお世辞にも綺麗とは言い難い。おそらく築二十年以上だろう。木造アパート//
N0371DJ| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
 扉の向こうに気配がした。もちろん病室の中からは見えないのだが、私にはそれが小さな女の子だとわかった。
N6679DB| 小説情報| 完結済(全3部分) | 童話〔その他〕
 洞穴で横になっているとき。山の中で手ごろな石に齧りついているとき。時々、麓の村の子どもたちの笑い声が、風に運ばれて聴こえてくることがありました。  その頃は、まだヒトというものに出会ったことのなかったオニタには、それが//
N7803CU| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
 徹が死んだ。自殺だった。  イジメを苦にして自殺した小学校の頃からの友達。僕は同じクラスだったのに、怖くて彼を助けることができなかった。  ふと気がつくと、真っ暗な部屋の中を月明かりが幽かに照らしている。  整然と並//
N0878CM| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
 タロウくんはロボットでした。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ