ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4154EE

ここは僕の席です

短編
あらすじ 毎朝の通勤電車。いつもの座席に座る初老の男性。彼が次の駅で降りる事を狙い、今日も私は彼の前に陣取ろうとする。
しかしある日、自分が陣取るいつもの位置に一人の男性が立っていた。
席を奪われた私は、苛立ちと悔しさで立ちすくむ。
機会を伺い観察を続けるが、私はそこで初老の男性の様子がおかしい事に気付く。
作者名 greed green/見鳥望
キーワード ホラー 電話 通勤 席
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 08月11日 14時35分
感想 1件
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 56pt
ポイント評価 25pt  : 27pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,436文字
N7005EH| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
僕の働く工場で、相次いで作業員が指を飛ばし退職する事態が続き、とうとう日頃お世話になっている先輩社員までもがその犠牲者となってしまった。僕は先輩の為にこの不可解な事態に立ち向かう事にした。 その最中で僕はある言葉を耳にす//
N4586EG| 小説情報| 完結済(全15部分) | ホラー〔文芸〕
気が付いた時、私は動かぬ電車の中にいた。 誰もいない車内、弟の樹理雄(きりお)のもとに帰りたい一心で出口を探す私の前に現れたのは、首のない人間だった。 ここは現実か、虚構か。 記憶と目の前の異常の中で、私は樹理雄の笑顔を//
N4154EE| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
毎朝の通勤電車。いつもの座席に座る初老の男性。彼が次の駅で降りる事を狙い、今日も私は彼の前に陣取ろうとする。 しかしある日、自分が陣取るいつもの位置に一人の男性が立っていた。 席を奪われた私は、苛立ちと悔しさで立ちすくむ//
N9124EB| 小説情報| 連載(全18部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
死にたい。終わりたい。 そんな自殺を考える者達の心を救うのは、不思議といつだって自殺を止めようとしない者達だった。 章毎完結の為、どこから読んでもらっても大丈夫です。
N3479ED| 小説情報| 完結済(全8部分) | ホラー〔文芸〕
一人娘の真由を失くした私は、病床に付す妻と過ごしながらも、娘に会いたいという募る想いを抱え生きてきた。ある日偶然にも意識が現世を越え、既に廃園と化した遊園地で娘と再会する事が出来た私は、度々同じ方法で娘に会いに行くように//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ