ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4154EE

ここは僕の席です

短編
あらすじ 毎朝の通勤電車。いつもの座席に座る初老の男性。彼が次の駅で降りる事を狙い、今日も私は彼の前に陣取ろうとする。
しかしある日、自分が陣取るいつもの位置に一人の男性が立っていた。
席を奪われた私は、苛立ちと悔しさで立ちすくむ。
機会を伺い観察を続けるが、私はそこで初老の男性の様子がおかしい事に気付く。
作者名 greed green/見鳥望
キーワード ホラー 電話 通勤 席
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 08月11日 14時35分
感想 1件
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 49pt
ポイント評価 22pt  : 23pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,436文字
N4154EE| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
毎朝の通勤電車。いつもの座席に座る初老の男性。彼が次の駅で降りる事を狙い、今日も私は彼の前に陣取ろうとする。 しかしある日、自分が陣取るいつもの位置に一人の男性が立っていた。 席を奪われた私は、苛立ちと悔しさで立ちすくむ//
N9124EB| 小説情報| 連載(全18部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
死にたい。終わりたい。 そんな自殺を考える者達の心を救うのは、不思議といつだって自殺を止めようとしない者達だった。 章毎完結の為、どこから読んでもらっても大丈夫です。
N3479ED| 小説情報| 完結済(全8部分) | ホラー〔文芸〕
一人娘の真由を失くした私は、病床に付す妻と過ごしながらも、娘に会いたいという募る想いを抱え生きてきた。ある日偶然にも意識が現世を越え、既に廃園と化した遊園地で娘と再会する事が出来た私は、度々同じ方法で娘に会いに行くように//
N9458EC| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
元裏野ドリームランド園長である私は、目を開けると廃園になったはずのジェットコースターに身体を固定されていた。 「オカエリナサイ、裏野ドリームランド、殺人ジェットコースターへ!」 一体何の為に。目的も分からぬまま、マスコッ//
N1920EC| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
酔いどれ兎シリーズ第九弾。 季節は再び夏。夏と言えば怪談。怪談と言えば幽霊。 そしてテーマは、「幽霊ってなんで長い髪の女ばっか出て来るんだ?」 ラビとトビ。二匹の兎のくだらない日常会話。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ