ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4141DQ

対極心識-raison d'etre-

完結済全138部 1話目を読む |最終話を読む
あらすじ 「対極心識へようこそ。私の子供たちの輝きを見ていってくれ」
創造者はそう告げ、彼との「名も無い物語」を始める。
二〇〇七年十二月。負の思念体と呼ばれている『鬼人』を殺すことを存在理由として生きてきた千堂鏡夜は、ある日の放課後、自身の孤立感に耐えられず涙を流している所を一人の少女に見られる。少女――遠近湊は、鏡夜を「自分と似ている」と言った。鬼人を殺すためだけに生きる封殺者という存在でありながら、鏡夜は自身の矛盾に悩みつつも、日常に生きる湊と接していく。そして、その「対となる世界」でも、ある少年と少女が邂逅を経ていた。――さあ、始めよう。【私】に辿り着く為の死遊戯を。三極世界伝奇バトルアクション、ここに開幕。◆この小説は個人サイト、「カクヨム」でも掲載しています。
作者名 赤乃遠至
キーワード 残酷な描写あり  伝奇 異能力バトル 現代ファンタジー 現代伝奇 創造者 超絶バトル 敵が強い 現代異能 存在証明 存在理由の認識 魔術師 封殺者 二つの世界
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 11月16日 23時32分
最終話掲載日 2016年 12月14日 12時49分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 20件
総合評価 50pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 485,277文字
N4374EB| 小説情報| 連載(全10部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
――舞台は現代日本、逆伊市。 宇宙から地球へ降りてくると云われる感染源、戒気。それに感染した者は、遠からず無鬼《なき》という怪物へと変貌する。裏世界に存在する律我士――妃香苗を始め、浅海俊希、高島光輝の三人は、人知れず無//
N7690DP| 小説情報| 連載(全22部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
時の総神――。ある世界で、そう総称されていた人間たちがいた。有限と無限を操り、停止と稼働という概念を駆使して敵と戦い続けた戦人。彼らは、世界の命運を分かつ『終焉戦争』において、『彼』の下した決定によって死亡することとなる//
N6909DW| 小説情報| 連載(全2部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
原初の楽園と呼ばれる世界に、ひとりの青年がいた。 次元を超えて様々な概念を召喚し、『方舟の護り手』と呼ばれる存在と戦い続ける孤高の戦士。 白髪の青年――レイル・ハーヴァディックは、世界を旅しながら、人知れず人間を守護して//
N6706DR| 小説情報| 完結済(全25部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ある次元に、ひとつの世界が存在していた。森羅万象の全てが『その者』の心によって仕組まれた、道化のみが生きる閉鎖世界。ある時、『世界の基準点』が存在する閉鎖世界を、一人の男が掌握しようとしていた。彼に対抗するのは、白銀の髪//
N6365DR| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
彼の見る、シアワセなユメ。◇自作『対極心識-raison d'etre-』の2016年クリスマス短編になります。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ