ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4075W

そのスイトピーが枯れるまで

短編
あらすじ  人類は跡形も無く消滅した、被造物であるロボットを残して。完璧な従者として造られ、心を持つがゆえに失う事を恐れる機械達の、終わりへ向かう物語。
作者名 Mr.あいう
キーワード 空想科学祭2011 RED部門 アンドロイド 世界の終わり
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2011年 09月03日 23時57分
最終更新日 2012年 05月20日 13時49分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 7件
総合評価 47pt
ポイント評価 18pt  : 15pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 15,113文字
N9280BX| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文学青年と愛想のない隣人との他愛もない日常の一コマ。 あるいは小説にも満たない言葉遊び。 あるいは回りくどい自己言及。
N6822BI| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
むかしむかし、あるところにロボットたちが住む街がありました。
N5298BD| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
 電車を寝過ごして最後の駅まで行ってしまった僕は、駅に居たおじいさんに嘘つきの町の話を聞いた。なんでもその町には嘘つきしかいないらしい。
N1718BD| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
 ガラスの靴を履いて舞踏会に現れたのは赤ずきんでおなじみの化け狼だった。更に意地悪な義姉達は白雪姫の食べた毒リンゴで殺されて……?  この作品はカウント5参加作品です。
N2207Y| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
「私、実はお魚なのよ」

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ