ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4054BY

進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

あらすじ 柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか一日の学園生活を終えようとしていた時、突然放送のスピーカーから、神と名乗る声により、異世界に転送される事を伝えられる。それも、誠一一人では無く、通っている学園にいる全員がである。ゲームのようにレベルやステータス、スキルなどが存在するファンタジーな世界。しかし、色々な成り行きから転送は神が行うのではなく、異世界側の人間が勇者召喚の儀式をしていたために、そっちに引っ張られる事に。クラス全員でグループを作り、転移を待つなか、誠一だけはクラスメイトから拒絶され、一人違う場所へ転移することになる。転移先で初めて食べた、『進化の実』。これが、誠一の人生を大きく変えるモノになり――――。この物語は、誠一がクラスメイトから散々バカにされ、挙句の果てに仲間としてさえ認めてもらえないというのに、前向きに頑張って異世界を生き抜いて行く話しである。……結果、何時の間にか勝ち組に。*深く考えず、頭を空っぽにして読むことをお勧めします。このたび書籍化することになりました。詳しくは、活動報告をご覧ください。
作者名 美紅
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移  冒険 異世界 主人公最強 ハーレム ステータス スキル 魔法 レベル 恋愛 成り上がり ギャグ
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2014年 01月25日 13時36分
最新部分掲載日 2017年 11月11日 15時19分
感想 4,010件
※ログイン必須
レビュー 14件
ブックマーク登録 67,065件
総合評価 178,619pt
ポイント評価 22,020pt  : 22,469pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 819,688文字
N0452BS| 小説情報| 連載(全10部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
人類と神々が決別してから幾星霜。 未だに神々との戦いは続くも、人類は確かに発展していった。 そんな中、とある孤島で一人の青年が目を覚ました――――。
N4054BY| 小説情報| 連載(全114部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか一日の学園生活を終えようとしていた時、突然放送のスピーカーか//
N7710DN| 小説情報| 連載(全19部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
かつて、人類は神々の玩具だった。いたずらに運命をいじられ、多くの人間が人生を狂わされ続けてきた。だが、人類は、神々に対抗するために、【紋章】という技術を生み出し、激しい戦いの末、神々から解放されることに成功する。そんな人//
N3472BS| 小説情報| 連載(全10部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
少々特殊な主人公は、帰宅途中ナイフを振り回す危険な男を行動不能にしたところ、間髪入れずにトラックに轢かれ、建物とトラックに挟まれ死んでしまう。しかし、死んだはずの主人公は見知らぬ地で目を覚ました。そして、現状を確認する中//
N2773DE| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
スキルやステータスが全てを支配する世界で、人類は魔王の脅威に怯えていた。 その魔王に対抗できる、唯一の存在である勇者。しかし、その勇者は歴代最弱であり、逆に魔王に歴代最強の魔王であった。そんな魔王と人類の戦いのなか、そん//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n4054by

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ