ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N4018CK

大つごもりの夜に

あらすじ こんにちは、高野真です。また、お会いしましたね。
日本には八百万の神が坐すと申します。京都にも百万ぐらいは居てはることでしょう。
今日お聴かせするのは、ちょっと変わった「神様」に出会ってしまった大学生の話。
不甲斐ない彼は、神様にお願いをして現状を変えることができるのでしょうか。
大晦日の夜には、不思議なことが起こると申します。
さあさ、どうぞどなた様も覗いていっておくれやす。

作者名 高野 真
キーワード 現代(モダン) 京都 先斗町 八百万の神 十五大明神 大晦日 元日 冬童話2015
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2014年 12月04日 18時07分
最終部分掲載日 2014年 12月05日 13時09分
感想 3件
レビュー 0件
ブックマーク登録 4件
総合評価 44pt
ポイント評価 18pt  : 18pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 9,780文字
N7470EJ| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
彼の小説家は、朝を如何に描けるか。 「朝の小説」企画出展、高野真執筆作品。
N3107EJ| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
騒擾【そうじょう】 集団で騒ぎを起こし、社会の秩序を乱すこと。騒乱。擾乱。(大辞泉による) 高野真執筆作品。 破滅派12号(10周年記念号)応募作品。
N0881EF| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
こんにちは、高野真です。帰省言うんは、ええもんですな。 単に家へ帰る、家族に会う、といった物理的な意味以上に、思い出を掘り起こし、自分が生きてきた軌跡をたどるという、精神的な意味合いもあるんと違いますやろか。 今日はそん//
N9291CN| 小説情報| 連載(全6部分) | 純文学〔文芸〕
過去、現在、未来。月日は百代の過客にして、行きかう夢も又旅人也。  夢まぼろしの十編。  高野真執筆作品。
N6556DM| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
それは、いつでもあなたの傍に立つ。 「夜の小説」企画出展、高野真執筆作品。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ