ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3894BN

ほしのゴンドラ

短編
あらすじ ほしのゴンドラって聞いたことある?その舟はどんな願いだって叶えてくれるんだ。お代は少し変わっているんだけれど、どんな夢だって自由自在なんだ。

冬の童話祭参加!

※ブログにて、同タイトルの台本連載をしております。
作者名 つるこ。
キーワード 冬童話2013
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2013年 02月12日 10時28分
最終更新日 2013年 05月17日 19時39分
感想 6件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 37pt
ポイント評価 16pt  : 19pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,964文字
N2286DT| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
『季節巡る国』の都から山を二つ、湖を一つ越えたところに『季節巡る塔』がありました。  円柱型の塔は抜けるように白く、てっぺんを飾るお屋根は女王様のドレスのようにやわらかく膨らみ、頂点にはきらびやかな宝冠をお召しになってい//
N0727DJ| 小説情報| 完結済(全2部分) | 現実世界〔恋愛〕
・1000文字以上2000文字以下 ・一人称 ・人間 ・テンション高い子。頭のレベルはゆるゆる ・女 ・プライドが高くて、頭がよさそうな感じを装った残念なお馬鹿さん ・精神は子供っぽいけど、悪い子ではない ・テンパると//
N5085DI| 小説情報| 完結済(全3部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
街の喧騒とは裏腹に、城内は今日も静かだった。照りつける日差しも堅牢な石造りの壁が遮断し、ひんやりとした冷気が廊下を包み込んでいる。その廊下をひとりの青年が歩いていた。(本文より抜粋)お題とキャラクター設定を元に執筆した習//
N4613DI| 小説情報| 完結済(全2部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
ゴミ箱に入りそびれた白い紙切れが、パラパラと床に落ちていく。茜色の教室にひとり佇む千代子先輩は、今日もお気に入りのニット帽を被っていた。(本文より抜粋)お題とキャラクター設定を元に執筆した習作。
N1150CD| 小説情報| 連載(全12部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
主に即興小説トレーニングで執筆した作品をまとめたオムニバス。 かわいらしい井戸端会議や、ダブルミーニングかつステマな宣伝小説、なんだかわからない不思議な世界観。ギュッと詰まった作品集です。 一部、既に投稿した短編と被//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ