ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3859BN

音と森と泉の獣

短編
あらすじ 森に住む二人の子供と一匹の獣、外に住む自分勝手な人間たち。
二人と、一匹。空の音と、森の色。そんな、おはなし。


※全文平仮名なので、読み難いかもしれません。
作者名 青い目の鴉
キーワード 冬童話2013 ひらがな ファンタジー バッドエンド?
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2013年 02月12日 06時18分
最終更新日 2013年 11月02日 11時23分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
レビュー受付停止中
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,696文字
N4671CS| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
田舎のおばあちゃんちの梅雨入り。
N1899CR| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
名前を呼ぶと、食べられる。 登場人物:トーリ・コーナラ サワ・コーナラ リコ・ユガミ
N9785CA| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
亡霊は、生前を覚えていない。亡霊だから。 だから、成仏することも叶わずにいつか薄れて――溶け消える。
N5026BZ| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
とある場所の、とあるお話。
N9803BY| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
緩衝材に覆いつくされ幾重にもガーゼを巻かれた箱の中のホゴされた繭は免疫を失い息も詰まって苦しげに笑う

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ