ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3858BN

がんばったでしょう

短編
あらすじ くまのクーは動物の学校の1年生。いっしょうけんめい何かに取り組むと、やぎ先生が「がんばったでしょう」のはんこをくれます。クーは「がんばったでしょう」をもらうととてもうれしくなります。その気持ちを、もらうことのなくなった周囲の動物、おとなたちに持ってもらおうと「がんばったでしょう」を配ります。
作者名 大林秋斗
キーワード 冬童話2013 擬人化
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2013年 02月12日 06時08分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,485文字
N4438CU| 小説情報| 完結済(全6部分) | ホラー〔文芸〕
わたしの母校、K高校にこの春から娘が通っている。わたしが通っていた頃は学校が建立して5年目、不思議な話はきかなかったが、娘の代になるとそれなりの不可解なできごとがあるようだ。わたしは娘の話に自分なりの見解を加えまとめてみ//
N1631CM| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
ある朝目覚めると、おかあさんの頭にレトリバーの耳があった。日常に起きたちょっとでもない変化の始まりだった。
N0106CG| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
僕は交差点で、少女に出会った。彼女に惹かれた僕は、彼女の後を追うようになるが、彼女の隣にはすでにナイトがいた。
N3858BN| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
くまのクーは動物の学校の1年生。いっしょうけんめい何かに取り組むと、やぎ先生が「がんばったでしょう」のはんこをくれます。クーは「がんばったでしょう」をもらうととてもうれしくなります。その気持ちを、もらうことのなくなった周//
N2247BI| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
わたしは小さい頃から失くし物が多かった。それは物だけでなく人であっても。いつしか「不幸を招く」とクラスメイトたちから無視をされるのが常になっていた。そんなとき、新1年生のオリエンテーリングの場で池乃正輝と出会った。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ