ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3849U

黄昏に見た君の目は潤んでいた

短編
あらすじ 夕暮れ時の彼女と僕。

作者名 天崎 剣
キーワード 悲恋 日常 青春 女子高生 高校生 恋愛 初恋 転校
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
掲載日 2011年 06月26日 19時08分
最終更新日 2016年 11月05日 06時55分
感想 1件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 36pt
ポイント評価 17pt  : 17pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 971文字
N7316BP| 小説情報| 連載(全125部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
 表と裏、二つの世界を行き来する“干渉者”としての才能を見いだされた凌。裏の世界“レグルノーラ”は想像力が物を言う世界だった。  イメージを具現化させ魔法を操る力を持っていながら、貧困な想像力故に上手く力を発揮できない彼//
N6237DA| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
別れましょうと彼女は言った。理由も告げずに距離を置く彼女は、周囲の人々とも距離を置く、寂しげな存在だった。
N0759CF| 小説情報| 完結済(全33部) | 空想科学〔SF〕
 曾祖父の代から三笠家に受け継がれる機械人形(マシンドール)ハナ。彼女との時間を大切にしたい慶一朗は、機械人形調律師(マシンドール・チューナー)の資格を取ろうと勉学に励んでいた。だがある日、ハナは突然動かなくなる。機械人//
N9587BE| 小説情報| 連載(全46部) | エッセイ〔その他〕
2008年春、小説投稿サイト「小説家になろう」内で、SF小説競作企画「空想科学祭」を開催しようと思い立った私は、手探りながらに企画サイトを立ち上げる――。今年、五回目にして最後の開催となる空想科学祭を記念し、今までの歩み//
N5672BH| 小説情報| 完結済(全21部) | 空想科学〔SF〕
 ヤツがウチに来たのは、暑い暑い夏の夜だった。トリビーと名乗る、ぬいぐるみのような宇宙人。無表情でつかみ所の無い、とてつもなく嫌なヤツ! 頼んでもないのに、余計なことばっかしやがって、俺の夏休みは一気に台無し。いや、いな//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ