ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3407BQ

星が見つけたパルプ

短編
あらすじ 帰路を急ぐ美夜子の頭上を星が流れたとたん、彼女はあるものを持ったままわけの分からない状況に放り出された。
作者名 くる ひなた
キーワード 武器っちょ企画 ファンタジー コメディー 草食系男子
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2013年 05月15日 14時48分
最終更新日 2013年 05月15日 23時03分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 25件
総合評価 461pt
ポイント評価 205pt  : 206pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 8,956文字
N6880BD| 小説情報| 連載(全29部) | 現実世界〔恋愛〕
今月もまたやってきた下腹の痛みに、憂鬱な気分で眠りについた柚葉のベッドには、翌朝とんでもないものが鎮座していた。
N9297CH| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
国家の要が集まる中央区。 その中でも一際大きな軍の庁舎に寄り添うように、獣人保護庁の庁舎も立っている。 かつてはこの大陸を支配していた“獣人”と呼ばれる人々は、人間との勢力争いに敗れ、今では随分と数を減らしてしまっていた//
N7014CH| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
半袖ブラウスの上にボディス、踝丈スカートの上にエプロンを着ける。 そうして、頭巾のように頭にスカーフを巻くのが、ここいらの町娘の一般的なスタイルだ。 母の言い付けを守り、娘は今日もまた金色の髪の上に、お気に入りの花柄のス//
N9630CG| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
少女とスマホと男の話。 ブログの方では元となった絵も一緒に掲載しております。合わせてご覧いただけると幸いです。
N1989BC| 小説情報| 連載(全5部) | 異世界〔恋愛〕
気弱な見習い兵士の配属された大門には、午後のお茶の時間になると、妖精のようなお客様がやってくる。ロビー少年が見守る恋模様と、その他諸々。

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n3407bq

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ