ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3392DL

Dさんから聞いた話

短編
あらすじ  今回は、ハイツの生き字引と呼ばれるお婆さんから聞いた話です。102号室に住む謎の住人と、その謎の住人を調べるハイツの管理人。めったに外出しない住人の留守の間に部屋に入った管理人を襲った恐怖の体験を書きます。
作者名 杉町猶太
キーワード R15  日常 怪談 シリアス 男主人公 現代 夏のホラー2016
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2016年 08月01日 23時48分
最終更新日 2016年 08月02日 00時10分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 20pt
ポイント評価 9pt  : 9pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,712文字
N9385ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
 某地方都市にあった遊園地裏野ドリームランドで私は昔働いたことがあった。私が働いていた頃から妙な怪談めいた噂が立ち始め、業績の悪化と共に遊園地は閉園となり私もそこを去った。やがてその記憶が私の脳裏から消えつつある頃、職場//
N9399DS| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
 結婚したのは、それほど愛情を持っていない女性だった。結婚生活は当然2週間で破綻。それでも惰性で10年間「仮面夫婦」を演じてきたが。それも、もう終わった。  それも些細な理由で・・・
N3305DS| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
その国には、何時も来るはずの春が、やってきませんでした。なぜ、春が来ないのか誰にも分かりませんでした。王様は家来や偉い学者を集めて会議を開いていました。しかし、一向に結論は出ません。そうした中、子供の声が聞こえました。//
N1598DS| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
 クリスマスイブが去り、街はクリスマス本番になった。 「ボッチ」の私は行く当てもなく、ふらふらと街を歩いていた。  夜の帳が降り、家に帰ろうとした私に・・・
N0613DS| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
クリスマスイブの日、私は駅前から少し離れたところにあるXビルにある某所で、占ってもらった。占いの結果、私は・・・

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ