ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3152ED

いつかの夏の観覧車

短編
あらすじ 大好きな君に、手を引かれて。

その遊園地はひどく懐かしい。
作者名 緑木 琥珀
キーワード 悲恋 遊園地 観覧車 夏のホラー2017
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2017年 07月23日 14時33分
最終更新日 2017年 07月23日 16時35分
感想 2件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 27pt
ポイント評価 13pt  : 12pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,001文字
N4919EF| 小説情報| 連載(全1部分) | 異世界〔恋愛〕
獣人狩りが施行されて9年。迫害を逃れ生き別れた半獣の兄弟はそれぞれの道を歩んでいた。 弟は人間の下で暮らし、兄は野良として地区の群れを率いる。 二人が出会ったところから、物語は始まる
N6097ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
裏野ドリームランド、の、噂。 ピエロのお噺。 あなたは物語を知っている、ひと。 ※『噂の遊園地(作品提出ID:239)』と繋がる部分があります。
N3152ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
大好きな君に、手を引かれて。 その遊園地はひどく懐かしい。
N9005EC| 小説情報| 完結済(全3部分) | ホラー〔文芸〕
中学二年の夏休み、男四人で出掛けた肝試し。 興味本意で立ち入るべきではなかった。 行くべきではなかった。 ―――肝試し先の遊園地で待ち受けていたのは、圧倒的な恐怖
N4612EB| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
人間にとっての最大幸福とは何か。 この世のすべては研究のための実験場に過ぎない。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ