ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3123CO

アクティブ・パンデミック

あらすじ 「蟻が毒を運んできた」
 そう称されるのは一つの疫病の流行であった。蟻や感染者に触れると感染するという避け難い感染経路と方法に、人類に対応する間も無く、その9割は瞬く間に死滅してしまう。
 人々は食料を奪い合い、殺し合い、騙し合う。そのような世界へと変貌を遂げた。
 そんな中、白沼路人は自らに疫病の抗体ができていたことに気が付く。
 成り行きで女子学生三人を保護することになり、キャンプ場を拠点とした生活を始めるのであった。
 終末世界を舞台としたどこかコミカルなサバイバル物語。
作者名 ばるでらま
キーワード R15 残酷な描写あり  現代(モダン) OL/サラリーマン シリアス 恋愛 ハーレム 非ゾンビもの
ジャンル パニック〔SF〕
掲載日 2015年 03月07日 16時02分
最終話掲載日 2015年 06月13日 20時10分
感想 110件
レビュー 1件
ブックマーク登録 4,047件
総合評価 12,751pt
ポイント評価 2,319pt  : 2,338pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 304,262文字
N3123CO| 小説情報| 完結済(全63部) | パニック〔SF〕
「蟻が毒を運んできた」  そう称されるのは一つの疫病の流行であった。蟻や感染者に触れると感染するという避け難い感染経路と方法に、人類に対応する間も無く、その9割は瞬く間に死滅してしまう。  人々は食料を奪い合い、殺し合い//
N9273CQ| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
そして負けた 穴熊が嫌いだけど、強いからと使う人は多い。 そんな穴熊で負かされて、大好きな振り飛車を仕方なく使うしかない時はくるかもしない。 叶うのなら、こんな形で飛車を振ってみたいものです。 その時なら、負けても悪く//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ