ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N3086CJ

四色精霊

短編
あらすじ 小さな火の精霊が、大好きな水の精霊と土の精霊に守られながら、幼い木の精霊と遊んでいたお話。
作者名 守野 伊音
キーワード 残酷な描写あり  ファンタジー 精霊
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2014年 11月06日 16時50分
最終更新日 2014年 11月07日 19時40分
感想 16件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 998件
総合評価 5,812pt
ポイント評価 1,900pt  : 1,916pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 11,839文字
N9511DH| 小説情報| 連載(全26部分) | 異世界〔恋愛〕
自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民に望まれるがまま処刑され、人生を終えた。 けれど首が落ちた//
N4696DV| 小説情報| 完結済(全13部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
人の身では抱えきれない感情を宿した人間は、鬼となる。 街道沿いの町として栄えたものの、新しい街道ができ急速に寂れていく町で生まれ育った、両親を流行病で亡くした少年ヒナトと、町一番の金持ちである町長の次男クリツ。 正反対//
N2776EH| 小説情報| 完結済(全15部分) | 異世界〔恋愛〕
昔、大陸中から迫害を受けた魔女達は、自分達の国を創った。 そのウイザリテ国稀代の魔女王として名高いレオリカ女王の長子ミルレオは、偉大な母王と比べられ、出来損ないと呼ばれ続けてきた。人前での魔法は失敗ばかりで、母に迷惑がか//
N4405DH| 小説情報| 連載(全74部分) | 異世界〔恋愛〕
気がついたら森だった。 家を出て一歩目で知らない森に辿りついた私は、そこで聖人の師弟に出会う。 『忌み子』のアラインと『捨て子』のトロイ、そして世界規模で『迷い子』の私。 かつて異世界に落ちた母と同じ事態に陥った六花//
N9461DR| 小説情報| 完結済(全21部分) | 現実世界〔恋愛〕
幽霊、妖怪、精霊。化学では証明できない様々な超常現象の存在が公に認められた時代。 十六歳の春日部凛は、病弱な父の見舞い帰りに奇妙なぬいぐるみを拾った。小さく愛らしいウサギのぬいぐるみは、先日起こったテロの犯人として指名手//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n3086cj

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ