ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2987DS

短編 『思い出した』

短編
あらすじ あーもんどツリーです。

この物語はホラーです。言う程怖くないとは思いますが。
怖い話を聞くのが好きなもので、冬にはあまりその手の話を聞くことがないので、『なら私が書こう』と思ったわけです。
ホラーの定番、幽霊は出ません。あしからず。

『怖い話って、必ずしもお化けじゃなくても良くね?』
という私の主張を形にしてみました。
どうぞ、短いですがぜひ。

12月28日   筆者より
作者名 あーもんどツリー
キーワード シリアス 男主人公 現代 バッドエンド
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2016年 12月28日 22時05分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 10pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,696文字
N0385DY| 小説情報| 連載(全1部分) | 現実世界〔恋愛〕
私は読書が好きだった。 印刷の香りは、何とも言えないものがある。 だがそんな小さな幸せさえ、やがて壊れてしまう。 よもやカミが無くなる時代が来るなど、私は知る由もなかったのである。
N6053DX| 小説情報| 連載(全9部分) | 推理〔文芸〕
高校で教師をしている男が好きになったのは、白沢という女子生徒だった。 が、男に好意を抱く生徒、告白に踏み切る者、男を妬む男子・・・。 学校という檻で彼女たちと触れ合ううち、男の中に『ラブ』とは別の感情が芽生え始める・・・//
N8810DW| 小説情報| 連載(全2部分) | 現実世界〔恋愛〕
始めから計画を書いてしまうサスペンスが、今まであったでしょうか? そもそれをサスペンスと言っていいのでしょうか? 楽しめれば良いんです、多分。
N5838DV| 小説情報| 連載(全14部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
主人公補正のない女系世界で起こる、『絶筆』の前日譚。 この物語は、次の物語に続く。
N7814DU| 小説情報| 連載(全4部分) | 異世界〔恋愛〕
私の世界は、たった十二冊の本で壊れてしまった。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ