ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2978CK

死者の沼

あらすじ 死者の声を聞きたければどこそこの沼へゆけと、その地方の人々は指さして言う。ずいぶん手近な冥界への入り口もあったものだと、半ばあきれながら、私はその沼をめざした。/完結済(全五話)/自サイトからの転載です
作者名 朝陽 遥
キーワード 異世界 旅人 辺境 異文化
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2014年 12月01日 20時42分
最終話掲載日 2014年 12月05日 21時36分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 28件
総合評価 195pt
ポイント評価 72pt  : 67pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 29,835文字
N6425DO| 小説情報| 完結済(全2部) | 宇宙〔SF〕
猫の王様は働かない。なぜというなら王様だからだし、猫だからだ。ときは未来、人々が探査船に乗り組んで広い外宇宙を行き来する科学の時代にあって、忘れられた魔法の逆襲が始まった。厳重なセキュリティをすり抜けて航行中の宇宙船に忽//
N8778DM| 小説情報| 完結済(全6部) | 現実世界〔恋愛〕
 生きることに楽しみなんか必要ないと思っていた。手放せないほど大事なものなど、何も持たずにやってきた。誰のことも必要とせずに生きていきたかった。――はなから無理なことだと、自覚もしないで。  面倒くさい中年男と面倒くさい//
N3072DD| 小説情報| 完結済(全10部) | 空想科学〔SF〕
まさか五十をいくつも過ぎてから小娘のように恋に振り回されるなんて、思ってもみなかった――サイボーグ化も生体部品との交換も、とっくに一般庶民の手に届くお値段になったこのご時世にあって、偏屈女と言われながら、これまで頑なにア//
N9668CZ| 小説情報| 連載(全10部) | ホラー〔文芸〕
遺体が見つからなかった身内を探しもとめて遺された人々が夢の中で異界に彷徨いこむ「鬼灯奇譚」、市で買った懐中時計に憑いてきた小鬼から不幸を予言される男の語る「天眼の鬼」等々、あんまり怖くない短編ホラーを集めてみました。ゆっ//
N2978CK| 小説情報| 完結済(全5部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
死者の声を聞きたければどこそこの沼へゆけと、その地方の人々は指さして言う。ずいぶん手近な冥界への入り口もあったものだと、半ばあきれながら、私はその沼をめざした。/完結済(全五話)/自サイトからの転載です

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ