ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2766EA

終末

短編
あらすじ 青年は、たどたどしく呟いた。
「この世界も終わりか」
作者名 水姫 皓
キーワード 日常 終末 シリアス バッドエンド SF? 文フリ短編小説賞2
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 05月31日 00時42分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 25pt
ポイント評価 12pt  : 11pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 4,668文字
N9012EG| 小説情報| 連載(全16部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
とある理由から地球での17年間の記憶を持たぬまま、剣と魔法の異世界へと転生した青年。 異世界にはコウルという名の赤子として転生するものの、何故か、転生後目覚めた部屋から一歩も外へと出してもらえない。いずれ協力者を得、部屋//
N4616EA| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
悪になりきれない兄弟の身に起こった不思議な現象。 『あてないでください』 あなたは、あてますか? あてませんか?
N2766EA| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
青年は、たどたどしく呟いた。 「この世界も終わりか」

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ