ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2730CR

決戦!日本本土!「独立第7師団かく戦えり」  ~戦国自衛隊に捧ぐ~

あらすじ 1991年10月。演習に参加中の自衛隊第7師団が突然過去の日本に飛ばされてしまった。そこで見た日本は、師団長の天野らの知る日本ではなく8月15日が過ぎても今なお米軍と交戦真っ只中の日本であった。
米軍には早急に日本を降伏させなければならない事情もあり、日本本土上陸作戦の第一段であるオリンピック作戦を中止。関東を直接狙うコロネット作戦を開始し始める。上陸軍である米軍とはこれまで同盟軍として接してきた天野らは交戦するべきか、静観するへきか大いに迷わされる。下手に手出しをすれば歴史が変わってしまうかもしれない。いや、既に歴史は変わっているではないか......。

■架空戦記です。タイムスリップものを書いてみたくなりましたので投稿を始めました。予めお断りしておきますが、旧日本軍の多数の未開発兵器が登場したりは致しません。また、自衛隊の描写につきましても必ずしも正しい描写ができていない部分もあります。なにぶん自衛隊の情報はベールに包まれている部分が多々ありますので。また、本作品は「ミリタリー紹介」のような作品でもありませんので、自衛隊の兵器はあくまで作者の理解している範囲であまりメカニズム説明に偏りすぎることなく、そして隊員達の描写は作者の主観で描写しておりますので自衛隊員さんに対して失礼があったり、間違いがあってもお許し下さい。
■読者の皆様へ■作者の作品はハッキリ言って面白く読めるものではありません。物語の進捗も遅く、重く、暗い作品ですので、他のタイムスリップ作品のように「痛快、爽快」「無双、無敵」「テンポよく笑える」を期待している方はお読みにならない方が宜しいかと思います。
■最後に本作はある部分、実名の方のお名前を表記しておりますが作品は全くのフィクションであります。ご関係者の方々御免なさい。
作者名 obannu47
キーワード 残酷な描写あり  オリジナル戦記 IF戦記 タイムスリップ 自衛隊 第7師団 90式戦車 日本本土決戦 太平洋戦争 面白くない作品 非テンプレ作品
ジャンル 歴史〔文芸〕
掲載日 2015年 05月16日 02時05分
最終部分掲載日 2015年 10月23日 11時30分
感想 183件
レビュー 1件
ブックマーク登録 917件
総合評価 3,221pt
ポイント評価 692pt  : 695pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 773,304文字
N2730CR| 小説情報| 完結済(全118部分) | 歴史〔文芸〕
1991年10月。演習に参加中の自衛隊第7師団が突然過去の日本に飛ばされてしまった。そこで見た日本は、師団長の天野らの知る日本ではなく8月15日が過ぎても今なお米軍と交戦真っ只中の日本であった。 米軍には早急に日本を降伏//
N8452CJ| 小説情報| 完結済(全50部分) | 歴史〔文芸〕
信玄亡き後、武田の頭梁となった勝頼。勝頼主従は信玄の遺言に従い美濃、尾張への侵攻を目指し準備を進めていくが、その間に時勢はドンドンと変化していく。 石山本願寺と織田の戦い。宿敵上杉謙信の死去とその跡目争い。 いったいどの//
N5379CH| 小説情報| 完結済(全51部分) | 歴史〔文芸〕
「風林火山」の旗の下、甲斐周辺諸国を次々と切り従えて行く武田信玄。 巨星堕ちたその跡を継いだのは武田勝頼であったが、その勝頼。 多くの見方としては「傲慢、猪突猛進、自信過剰」などの愚将と見られているが、本作では「傲慢」を//
N1085CH| 小説情報| 完結済(全66部分) | 歴史〔文芸〕
マリアナ海戦に辛勝した日本海軍。 掛井は、次に押し寄せるフィリピン戦に向けて現状の陸海軍の欠陥を見極め、不敗日本国を目指すべく、陸海軍の垣根を超越した新組織「総合作戦本部」の立ち上げに奔走する。 旧態依然の戦術理論、様々//
N2819CC| 小説情報| 完結済(全99部分) | 歴史〔文芸〕
「別説 太平洋戦史」最終話です。 乾坤一擲の大勝負に辛勝した沖縄戦後、総合作戦本部は消耗した航空戦力及び空母部隊を立て直すだけの時間的余裕が無いと判断した。 それでも侵攻確実なソ連軍を食い止めるべき掛井は奔走する。 //

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n2730cr

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ