ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2621CP

Slow + Story

あらすじ  世界は……私がここに存在していたときには、すでに水没していた。私は、世界に存在し始めたときから、ずっと旅を続けている。
 そして、旅をしながら、「どこから来て、どこに行くのか?」いつもそればかりを考えていた。星が生命の半分を消化したある日。見知らぬ一人の男が、私の問いに答えてくれた。
「それは、もう一人の自分を探すためさ」

もう一人の自分。

 星の意味や風の匂い、森の静寂、潮の満ち引き、そして自然を取り巻いた不思議な物語の数々。人が忘れてしまった大切で多くの物語は、自然の中に還って人々に生きて知ることへの情熱を抱かせ続ける。その多くの物語の終点にいるものがもう一人の自分らしい。
「気付いたかい?世界が水没して、不思議な力が再び世界を満たし始めたことを……」
男が言うには、動物と人は同じ言葉を話し、願えば人は動物になれたし、動物は人になれたそうだ。
「それは言葉が物語を創造する力を再び取り戻し、命の物語へと導く役目を思い出したからさ」
僕らは四足の動物になり、未だに水没していない荒野を駆け抜ける。


その世界において、私の姿は小さな黒猫だった。
作者名 居眠 ノ街
キーワード 文学 ほのぼの SF ファンタジー 現代(モダン) エンターテイメント 未来 パラレル 高校生 猫 ウェイトレス 食べ物
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2015年 03月30日 01時56分
最終部分掲載日 2015年 04月06日 12時00分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 8pt
ポイント評価 3pt  : 3pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 15,269文字
N6337DS| 小説情報| 短編| リプレイ〔その他〕
** リプレイ投稿規約に違反してない事を運営様に確認済みです ** ここは電脳都市「MIYAKO」。 ここに住んでいる全市民は、ありとあらゆる情報がネットワーク上で管理されている。 だが、近未来であっても魔法は存在する//
N4051CS| 小説情報| 完結済(全7部分) | リプレイ〔その他〕
舞台はついに、電脳都市「MIYAKO」を飛び出した。そこは、災厄を乗り越えて発展した未来都市。 しかし舞台は変われど目的は変わらない。 君たちプレイヤーは予測された計画犯罪に遭遇する人物【対象者】を助けるか、事件を防止す//
N9891CP| 小説情報| 完結済(全6部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
世間はいつものように、平凡に時間が流れているかもしれない。 誰かは幸せを掴み 誰かに不幸が降りかかり 誰かは欲望を満たし 誰かに死が満たされていく この街は平穏そうに見えて、今日も暗黒が満ちあふれていた 新たなる、//
N5872CP| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
彼は、自分の身体がどれだけ傷ついても戦い続ける……。 それが使命であると信じて。 妖の魂を噛み砕き、消化する事で封印する退魔師。 これは、退魔師である青年の断片。
N5856CP| 小説情報| 完結済(全8部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
世界は、まるで誰かと交わした待ち合わせの約束へ遅れないよう急ぐかのように水没した。 世界は、かつて人間が忘れそうになっていた”食べることの大切さ”を教えるかのように水没した。 世界は、誰かが人間の繁栄と進化に限界を感じた//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ