ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2571Z

魔人転生記 -九転臨死に一生を-

あらすじ 突然にはじまって、一瞬で終わった。
なんの脈絡もなく導かれた異世界で、召喚後二秒で斬殺されたその男は、九度の転生の末に異族最高種と名高い〈魔人族〉の集落に生まれ落ちる。サレという名前とともに順調に怪物として成長していく彼だったが、とある事件をきっかけに外の世界へ出ることになった。その過程で純人至高主義を掲げる『アテム王国』が自分の出生に関わっていることを知ったサレは、似たような境遇の異族たちと出会い、異族混成国家『テフラ王国』へと向かう。サレたちを待ち受けていたのは世界のはじまりから続く純人族と異族、そして〈神族〉をも巻き込んだ――戦いの光だった。
作者名 葵 大和
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生  ファンタジー 召喚/転生 異世界 魔術/魔法 ギルド 国家/民族 主人公最強 成り上がり 魔人/竜/鬼/天使 獣人/獣娘 バトル・戦記 仲間 ハーレム 群像劇 チート
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2011年 12月09日 01時18分
最新部分掲載日 2014年 10月13日 21時00分
感想 392件
※ログイン必須
レビュー 2件
ブックマーク登録 7,552件
総合評価 19,046pt
ポイント評価 1,954pt  : 1,988pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,062,334文字
N8125CD| 小説情報| 連載(全201部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
青年は病室でその生をまっとうしたあと、異界の英霊に誘われて世界を渡った。 青年、メレア=メアの二度目の生は、英霊が未練と共にさまよう霊山の一角から始まる。 英霊たちの未練を晴らすために『英雄』になるよう育てられたメレアだ//
N4270CG| 小説情報| 連載(全4部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ラムナ=タルードは数々の異世界を渡ってきた【世界遊子(レルーザ)】と呼ばれる人間である。 ラムナは何個目かの世界で役割を終えたとき、神界の使者からとある誘いを受けた。 「世界を管理する〈神士〉にならないか」 理不尽に世界//
N6520EE| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
わたしの名はアマイモン。この世界に存在する【ダンジョン】なる地下迷宮を管理する魔王である。今日も人間によるダンジョンへの侵攻があった。やつらはついに、わたしのお気に入りの階層〈王宮風第10階層〉へ侵攻したというので、深層//
N8433DT| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
ダンジョン第七十七階層で問題が発生したらしい。人間たちが地上から侵攻してくる中、私はドラゴニアン隊を調査に向かわせた。 ※前作「菌類から始まるダンジョン放浪記」
N9395DS| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
生まれ変わったらダンジョンに生えているキノコだった。同じ木に生えていた三人のキノコたちは、力を合わせてこの過酷なダンジョンを生き抜いていくことを決意する。「サンマルコだ」「名前かっけえな」「キャシーだよ!」「アメリカのホ//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n2571z

セルフ・ライト・イデオロギー ――魔人転生 - 読み専になろう

257 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2012/08/27(月) 01:43:07.82 ID:h4zQLrh5セルフ・ライト・イデオロギー ――魔人転生記――現代→異世界の召喚&転生モノ神様転生でも勇者召喚でもな
URL:http://2novel.blog.fc2.com/blog-entry-627.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ