ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2515DT

旅人と”四季と踊る国”のお話

短編
あらすじ これはまだ”四季と踊る国”が、居なくなった神様の代わりに魔法の塔を使って四季を操っていた頃のお話。偶然訪れていた一人の旅人はその解決を国王から頼まれ、塔へと向かい事件を解決しようとするのだが・・・ ※仮タイトルそのままだったので修正しました
作者名 空橋 駆
キーワード 冬童話2017 旅人 神様
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2017年 01月16日 09時43分
最終更新日 2017年 01月16日 12時55分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,464文字
N2515DT| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
これはまだ”四季と踊る国”が、居なくなった神様の代わりに魔法の塔を使って四季を操っていた頃のお話。偶然訪れていた一人の旅人はその解決を国王から頼まれ、塔へと向かい事件を解決しようとするのだが・・・ ※仮タイトルそのままだ//
N2871BU| 小説情報| 連載(全32部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
――目覚めた時には、旅人の格好で神社に向かう石段の踊り場に居た。 元々から神社で暮らしていた巫女と少女、そして外から来た旅人(仮称)の三人だけが住む小さな世界の物語です。この世界で共に暮らし続けるうちに、三人にも微妙な変//
N2105CA| 小説情報| 完結済(全3部分) | 現実世界〔恋愛〕
この作品は春隣豆吉さんとトムトムさんの共同企画「コンビニスイーツでI LOVE YOU企画」参加作品です。 バレンタインデーでチョコを貰った晴樹と智樹。そしてやって来るホワイトデー。お返しに悩む兄弟に千佳さんが手を差し伸//
N6804BZ| 小説情報| 完結済(全21部分) | 現実世界〔恋愛〕
兄夫婦が無事に結ばれたお陰で、晴れて平穏な日常(?)に戻ったはずの藤山智樹。彼が各所を駆け巡る姿を見かけ、ずっと気にしていた榎木小織。洋菓子屋で起きた小さな出来事で、二人の道は交わって…… 定まらない気持ちは揺れに揺れ、//
N1306BS| 小説情報| 完結済(全9部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
偶然拾った本を開いてみた結果、異世界に飛ばされてしまった青年。目の前に現れた小さな妖精は、この世界で三千歩歩かなければ元の世界に帰れないと言った。そんな理不尽なやり取りから始まり、青年と妖精の物語は紡がれていく。物語の行//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ