ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2418CN

プレイッ!!◇笹浦二高女子ソフトボール部の物語◆

あらすじ 「――ソフトボール部を創りたいんですッ!! 顧問になってくれませんか!?」

 茨城県立笹浦第二高等学校の女子二年生、清水(しみず)夏蓮(かれん)のその一言が、この大きな物語の始まりだった。
 夏蓮が小学校を卒業した後の中学高校には大好きなソフトボール部がなく、楽しいとは言えない学園生活を送っていたのだ。


 もう一度、ソフトボールをやりたい。

 最高の絆で結ばれた仲間たちと、再びいっしょに楽しみたい。


 夏蓮はそう願いながら、まだ部活動に携わっていない新任教諭の担任――田村(たむら)信次(しんじ)に始業式日から創設を切望する。
 一方で信次は、ソフトボールをやったことはなく、運動神経も悪いドジでおっちょこちょいな童顔新米教諭だった。が、生徒の声を無視できない性格の彼は、部の創設に協力することを引き受ける。
 最初はこの二人で始まるが、以前夏蓮と同じチームでプレーしていた親友、中学のときから顔見知りな女子、そして全く会ったことがない同級生や後輩までが集まり、透明だった笹二ソフト部に鮮やかな色が付けられていく。
 すれ違い、進路、家庭事情、国籍、途中入部、友の死、廃部危機、恨み、怪我、イップス、そして挫折といった苦悩を背負わされた女子高校生たち。そんな彼女たちによる新生ソフト部が目指すものは、全国大会であるインターハイへの出場!

 果たして、素人顧問の信次は部員を集め、彼女たちをインターハイへ導くことができるのか?

 そして夏蓮たち選手らは、それぞれ待ち受ける過酷な試練を、みんなで乗り越えていけるのだろうか?

 ――みんなといっしょなら、大丈夫!!

「かがやけぇぇ――――ッ!!」

――「「「「笹二ファイトォォ――――ッ!!」」」」――

 これは、多種多様な苦悩を抱く女子高校生たち、何よりも生徒を大切にする熱き男性教諭、そしてソフト部を取り巻くたくさんの関係者も含めた、長編スポコン学園ストーリー。
 数多の視点や想いから描かれた、笹浦二高女子ソフトボール部の物語である。

 完成し次第、随時投稿及び編集を続けております。
 この世界に多くのソフトボールファンが現れることを願いつつ、一人でも多くの方に夢や希望を与えられるよう執筆していますので、どうか末永くよろしくお願い致します。

※一球目=一話となっております。
作者名 田村優覬
キーワード 残酷な描写あり  青春 私小説 主人公複数 スポコン 友情 ソフトボール 女子高校生  教諭 悩み 努力 恋愛 群像 虐待 死
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2015年 02月10日 02時09分
最新部分掲載日 2016年 06月16日 11時52分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 25件
総合評価 102pt
ポイント評価 24pt  : 28pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,012,950文字
N2418CN| 小説情報| 連載(全118部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
「――ソフトボール部を創りたいんですッ!! 顧問になってくれませんか!?」  茨城県立笹浦第二高等学校の女子二年生、清水(しみず)夏蓮(かれん)のその一言が、この大きな物語の始まりだった。  夏蓮が小学校を卒業した後の//
N7504CM| 小説情報| 完結済(全66部分) | コメディー〔文芸〕
 俺の名前は、麻生やなぎ。  高校二年の男子で、彼女も友だちもいない、いわゆるぼっち生徒の一人だ。これといって趣味は特にないのだが、幼い頃から強い霊感を持ち、日常茶飯時幽霊を視て過ごしてきた。 霊を視ることになれてしまっ//
N4283DH| 小説情報| 連載(全9部分) | 詩〔その他〕
誰もが悩める、この波乱な御時世。 少しでも誰かの勇気に、そして生きる希望になれれば……。 ※主にツイッターであげた文たちです。書ききれなかった分もありますので、よろしくお願いします。
N8583DF| 小説情報| 連載(全11部分) | その他〔その他〕
プレイッ!!◇笹浦二高女子ソフトボール部の物語◆ に登場する人物プロフィールです。 一章のネタバレは含みますが、今後も続く物語の補助として観ていただけると嬉しいです。
N0140DD| 小説情報| 連載(全3部分) | その他〔その他〕
プレイッ!!◇笹浦二高女子ソフトボール部の物語◆のちょっとしたやり取りです。 ネタバレが平気で含まれるため、閲覧する際には注意してください。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ