ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2241U

かぐや姫の置き土産

あらすじ 私の通う学園には、御伽噺として知られている「かぐや姫」が居たという伝説が残っていた。かぐや姫は、秘密裏にこの学園の創設者の祖先にある物を預け、月に帰ったという。
代々それを大切にし、今でも学園長はかぐや姫が戻ってくるのを待っているらしい。
だが、この学園を建て、皆がかぐや姫の伝説を忘れた頃、夜中0時になるとあいつらが現れるようになった。学園長はあいつらが外に出るのを恐れ、あいつらを見ることのできる人間を、この学園に集めた。
妖獣(ようじゅう)を学園から出ないように倒すために、私はこの学園に通うことになった。
生徒会執行部とは、昼の顔。夜は、聖かぐや学園所属妖獣討伐隊として、私は、毎日非日常を繰り返す。*更新停止*
作者名 夕凪秋香
キーワード R15 残酷な描写あり  学園ファンタジー
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
掲載日 2011年 06月20日 04時05分
最新部分掲載日 2012年 08月21日 11時48分
感想 1件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 12pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 38,746文字
N7662BV| 小説情報| 連載(全29部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
友人に巻き込まれる形で異世界にトリップし、幸せな生活を送って一生を終えたはずなのに、目覚めれば死んでから300年後の世界に転生していた。平凡な生活を送りたい彼女が選んだ仕事はメイド。だけど、そんなに事はうまくいかず事件に//
N9984CL| 小説情報| 連載(全1部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
魔術や魔法といった物が遥か昔に存在したある世界に、一人の少女がいた。 その少女は、首なし騎士という恐ろしい魔物を生み出した街で薬屋を営んでいた。 いつもと変わらない日常に突然訪れた悲劇の知らせ。 彼女は大切な物を守るため//
N2358CH| 小説情報| 短編| ノンジャンル〔ノンジャンル〕
座敷童子と呼ばれていた少年と桜の木の下の幽霊のお話
N4834R| 小説情報| 連載(全51部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
成績は中の中、運動はまぁまぁな、高校1年生。樹新 零香(きあら れいか)の得意なことは、裁縫と指先を使う事。趣味はアンティークドールや色々な人形を一から作ること。 ある日、中学から作り続け3年の人形を、ようやく完成させる//
N2241U| 小説情報| 連載(全11部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
私の通う学園には、御伽噺として知られている「かぐや姫」が居たという伝説が残っていた。かぐや姫は、秘密裏にこの学園の創設者の祖先にある物を預け、月に帰ったという。 代々それを大切にし、今でも学園長はかぐや姫が戻ってくるのを//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ