ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2071BY

狼の神子と兎の騎士

短編
あらすじ 異世界に神子として召喚されました。護衛の騎士はイケメンなのにラブリーで、色々世話をやかれているうちに好きになってしまいました。王道ラブコメです!(読み切り。rotoio人外ものシリーズ)
作者名 riki
キーワード 異世界転移  異世界トリップ+人外 神子 騎士 ケモミミ rotoio人外もの
ジャンル 異世界〔恋愛〕
掲載日 2014年 01月19日 22時54分
最終更新日 2015年 03月18日 18時53分
感想 0件
感想受付停止中
レビュー 0件
レビュー受付停止中
ブックマーク登録 1,054件
総合評価 5,427pt
ポイント評価 1,651pt  : 1,668pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 11,768文字
N6880DP| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
ハロウィンの夜――その魔力に呼び覚まされた彼女の悪戯心を、温かく、あるいは神妙に、もしくは全力で受け止める宿舎の面々。 ささやかな非日常を映して、狼の目は闇に輝く。 (『あなたと私は違うのね』シリーズ4作目)
N6870DP| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
一瞬でいい、あなたに触れたい……叶わなかった彼女の願い。 結末を見届け、男たちは動き出す――じゃあおれたちにも触ってもらおうか。 (『あなたと私は違うのね』シリーズ3作目)
N9219CY| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
何このヤバそうな生物めちゃめちゃ怖い――穴でつながる異世界で待っていたのは、見た目が怖い知的生物堂々の一位キュルキィルウィ種族。小さな女性と巨大で紳士な人外との、ほのぼの交流。(読み切り。rotoio人外ものシリーズ)
N7994CR| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
ひとの頬を色付かせる手段は幾通りだろう? 屈辱に赤らみ、羞恥に染まり、喜びに上気する。 まるで、北風と太陽。 ああ、あんたのそういう所が――大好きなんだった。
N7914CN| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
異世界で《雪性》に転生しました。元日本人に魔法なんて使えるかー!と落ちこぼれのわたしには、面倒見のいい幼なじみがいる。魔法を使えるようになるため、彼に毛皮の脱ぎ方を教えてもらうと……。※脱皮系人外なので人間になります。(//

トラックバック []

狼の神子と兎の騎士 - へのへのもへじ

狼の神子と兎の騎士riki様やっぱりいいですね人外!人外と女の子ってすごいよくないですか!?このお話の兎の騎士さんもイケメンでした!個人的には人間の二割増しぐらいかっこよく見
URL:http://bakabbaka.exblog.jp/21551969/

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ