ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N2026DJ

 死滅回遊

短編
あらすじ 夏に訪れ冬になると子孫も残さずに死んでゆく死滅回遊魚、しかし、死滅回遊魚の挑戦は無駄ではない、新しい住処を見つけ出しそこで自らの所属の更なる繁栄の礎となることもできる。
男はそんな生き方をする魚たちと自分を重ねていた。
その男は人とのかかわりを持たずに、自分は他の人と違い何かを成し遂げると信じていた……
作者名 荒ぶる猫
キーワード 日常 私小説 シリアス 男主人公 和風 現代
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2016年 06月18日 12時49分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 19pt
ポイント評価 8pt  : 9pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 3,978文字
N0211DV| 小説情報| 短編| 推理〔文芸〕
絵師を目指す少女。 修業中不思議な家守の絵と出会う。 実家は悪徳商人の罠で修業が続けられなくなるかもしれない。 少女は家守の絵を使うことを思いつく。 第一回ショートショート大賞最終候補作品
N2026DJ| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
夏に訪れ冬になると子孫も残さずに死んでゆく死滅回遊魚、しかし、死滅回遊魚の挑戦は無駄ではない、新しい住処を見つけ出しそこで自らの所属の更なる繁栄の礎となることもできる。 男はそんな生き方をする魚たちと自分を重ねていた。 //
N8235DI| 小説情報| 短編| 推理〔文芸〕
近所で悪いうわさがついて離れない女の子、でもその子と一緒に居ると噂と違う。 どんどん仲良くなり楽しい日々を過ごすが、女の子は噂が原因で急に街から居なくなってしまった。 そして高校生になり、引っ越してしまった女の子によく似//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ