ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1982CF

あいている

あらすじ  ぎぃ──ある日突然、不可思議な現象が小祝万菜美の家で起き始める。閉めていた筈のドアが、いつも少しだけあいているのだ。気にするほどのことでもない、閉め忘れていただけだ。そう思っていたのだが、何処かしら気持ちのいいものではない。ぎぃ……と、立てつけも悪くないのに、軋んだ音を立ててドアが開く。万菜美の家に一体、何が起こったのか……【夏のホラー2014】参加作品です。
作者名 榎木ユウ
キーワード 夏のホラー2014 榊3作目
ジャンル ホラー〔文芸〕
掲載日 2014年 07月24日 11時13分
最終話掲載日 2014年 08月05日 14時09分
感想 9件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 108件
総合評価 863pt
ポイント評価 325pt  : 322pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 12,649文字
N9545ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
裏野ドリームランドの解体作業をしていた俺は、忘れ物をしてしまい、解体作業の休みの日にそれをとりにいくことにした。さすがに一人で行くことは大の男でも怖かったので、大学時代、心霊現象などに強いと言われていた榊という男を呼び出//
N9522DQ| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
私には婚約者がいる。婚約者はいつも私に文句を言う。身分差もなく、平凡顔で、ごくごくありきたりの婚約者。それが私。
N7560CO| 小説情報| 連載(全4部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
僕は前世記憶持ちの子爵令嬢。交通事故死して異世界転生? よくある話ですよねぇ──って、女性になってしまった自分を嘆きつつも、それでも第二の人生をまったり乗りこなしていくつもりだった。婚約者としてジルベルスタイン伯爵家のブ//
N4506DA| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
これは、いまよりずっと人が少なくて、ここよりずっと小さな世界のお話です。 その世界には、大きな神様と小さな神様がいました。ある日、大きな神様は小さな神様に言いました。 「お前もそろそろ神様らしくなってきたから、人間の願い//
N1287CU| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
学校の長い廊下の端で、二回頭を下げる。そのあと、二回拍手して、もう一度頭を下げると、カナキリ様がでるんだって── 最初は他愛ない怪談噺のはずだった。娘の小学校で起きた奇妙な怪異のため、PTAの役員会で夜の学校へ訪れた私は//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n1982cf

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ