ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1973DD

流星のアステル

連載中全156部 1話目を読む |最新話を読む
あらすじ  小さな町の鍛冶屋の次男として生を受けたアステルの魔力には誰もが持っているはずの属性がなかった。
 属性がないため魔法を使えないアステルだったが、魔力を操ることで何かが出来るのではないかと試行錯誤していく内に魔力で出来た見えない手を操る能力に目覚めることになる。
 少々バイオレンスな家族や個性的な友人。そして、自分に想いを寄せてくれているエルフのフィーネ・キャロルやヴァンパイアのミラ・アーカードと毎日を過ごしながら、アステルは一歩ずつ自分の目標とする世界最強のギルドメンバーへの道を歩んでいく。
作者名 深海 恭哉
キーワード R15 残酷な描写あり  年の差 いずれ主人公最強 ヒロインは3人 ご都合主義 テンプレ 異世界 おねショタ 豹変する主人公 成り上がり 主人公無双
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 02月14日 01時04分
最終話掲載日 2017年 03月25日 18時00分
感想 428件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 24,413件
総合評価 56,359pt
ポイント評価 3,745pt  : 3,788pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 884,448文字
N1973DD| 小説情報| 連載(全156部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 小さな町の鍛冶屋の次男として生を受けたアステルの魔力には誰もが持っているはずの属性がなかった。  属性がないため魔法を使えないアステルだったが、魔力を操ることで何かが出来るのではないかと試行錯誤していく内に魔力で出来た//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ