ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1889BN

お月さまのいない夜

あらすじ 「だれにもナイショの話をしてあげようか」まっくらな夜にそう言ったお月さまは、とつぜん消えてしまいました。羽の生えたウサギになったわたしは、見つけたら良いことがあるという金色のカラスを探します。
作者名 希都
キーワード 冬童話2013
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2013年 02月06日 22時22分
最終部分掲載日 2013年 02月06日 22時23分
感想 2件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 9pt
ポイント評価 4pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 5,800文字
N3906BE| 小説情報| 連載(全67部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
「あなた、私の弟子になりなさい」異世界に転生した少女“アヤ”は、生まれてすぐに出会った女性の『魔術師の弟子』となった。そして始まった山奥での生活。けれど、その穏やかな日々は、長くは続かなくて……。これは世界の変革と、その//
N7488CE| 小説情報| 完結済(全13部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
あと百五十年もすればこの世界は滅びるのだと、大人たちは言う。古の魔女が復活して、皆を殺してしまうのだと。けれど僕には、そんなことは関係ない。そんな先の未来より、今日の飢えをどうやって凌ぐかを考える方が大切だから――。
N1889BN| 小説情報| 完結済(全3部分) | 童話〔その他〕
「だれにもナイショの話をしてあげようか」まっくらな夜にそう言ったお月さまは、とつぜん消えてしまいました。羽の生えたウサギになったわたしは、見つけたら良いことがあるという金色のカラスを探します。
N3595BD| 小説情報| 完結済(全13部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
『商店街のどこかに、子供しか入れない図書館があるらしい』それは、単なる噂話のハズだった。現実には存在しないその場所で、子供だった私が、不思議な本を手にするまでは――。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ