ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1855Z

辺境護民官ハル・アキルシウス

完結済全129部 1話目を読む |最終話を読む
あらすじ  帝都で下級官吏として勤めていたハル・アキルシウスは、とある出来事で蛮族が跳梁する北方辺境へ護民官とされ左遷されてしまう。
 文化、習俗、人種の著しく異なる辺境の地で、何の支援も与えられず廃棄都市を拠点として業務に当たる事になったハル・アキルシウス。
 蛮族の神官(美女)過去の英雄(死霊)の協力をなりゆきで得たハルの辺境経営がはじまった。
作者名 あかつき
キーワード R15 残酷な描写あり  ファンタジー 国家/民族 内乱/戦争 蛮族/辺境 貴族/平民/王族 官吏/軍人 内政/農政 神官/死霊 戦記/戦闘 エンターテイメント 戦士/兵士/軍隊 ハッピーエンド 恋愛(軽め) 護民官/侍風 弓/剣/槍/術
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2011年 12月06日 19時47分
最終話掲載日 2012年 08月04日 22時49分
感想 815件
レビュー 3件
ブックマーク登録 10,371件
総合評価 38,305pt
ポイント評価 8,699pt  : 8,864pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 699,241文字
N8110EA| 小説情報| 短編| 歴史〔文芸〕
 ローマ帝国の支配が終わり、新たな国家の芽が育ち始めた時代。  北ガリアにおいて最後のローマ軍大隊が守る砦は、フランク族の大軍に包囲されていた。  その最後の大隊を率いる隊長は、フランク族からの降伏勧告を蹴り、生き残る望//
N6036DZ| 小説情報| 短編| ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 機甲騎士団第8小隊は害獣退治に山間の楠の木村へと派遣される。  偵察中の南郷騎士長率いる2号車は、その目標である害獣と遭遇するが……  どこかの世界、どこかの国の戦車隊のお話。  文学フリマ応募用です。
N6030DZ| 小説情報| 短編| 歴史〔文芸〕
 古代ローマ共和国において、2度の独裁官就任を経るも、傲り高ぶること無く、任務を全うすると全ての役職を返上して農村での生活に戻る清貧篤実な人柄をもったルキウス・クインクティウス・キンキナトゥス。  共和政治において、理想//
N5164CF| 小説情報| 連載(全94部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
戦国時代末期、豊臣秀吉の紀州征伐に抵抗する紀伊雑賀衆の的場昌長達は、突然謎の爆発に巻き込まれた結果、別の世界へと飛ばされる。 転移した先の世界、グランドアースは、まさにこれから戦乱の時代を迎えようとしていた。 火縄銃を持//
N9081CV| 小説情報| 連載(全30部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
大陸統一に尽力した大英雄、百雷の軍司令官セルウィウス・フェリックスは、統一事業の総仕上げとして東方に覇を唱える大圏王国へと攻め入った。 そこでセルウィウスが目にしたのは、大圏王国の建国記に登場する大竜。 大竜との闘いとの//

トラックバック []

最近の購入物、いろいろ。 - Babylon C@fe.

出張先の宿屋で、酒ちびちび飲みながら、タブレットでオンライン小説を読んだり、自炊...
URL:http://ore.to/~babylon/blog/archives/2013/01/post-685.html

辺境護民官ハル・アキルシウス - 読み専になろう

982 名前:この名無しがすごい![sage] 投稿日:2012/08/04(土) 23:39:04.60 ID:2kOKvyXp護民官完結これは名作認定していいのか?
URL:http://2novel.blog.fc2.com/blog-entry-525.html

「辺境護民官ハル・アキルシウス 」のぷちレビ - 言の笹舟 web小説レビューサイト

 HP:小説家になろう 場所:辺境護民官ハル・アキルシウス  原作:オリジナル 作者:あかつき 様 辺境護民官――帝国に組み込まれているもののほぼ手付かずとなっている辺境で
URL:http://kotonosasabune.blog45.fc2.com/blog-entry-661.html

辺境護民官ハル・アキルシウス - チラシの裏の読書感想文

辺境護民官ハル・アキルシウス腐敗が著しい帝国で、貴族に対して公平な裁定をした主人公。逆恨みが原因で北の蛮族を平定することになった。左遷である。途中であった蛮族の神官と赴任
URL:http://fuyutuki703.blog.fc2.com/blog-entry-228.html

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ