ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1413BX

アルテアの魔女

完結済全150部 1話目を読む |最終話を読む
あらすじ フェルム大陸で唯一人、濁り無き言の葉『アルテア』を用いて様々な現象を起こす事の出来る、『アルテアの巫女』エン・レイ。
セァクの王姉として生きて来た彼女のもとに、隣国イシャナの王との政略結婚の話が訪れる。
しかしイシャナに向かう途上、婚礼の一団は異形の怪物破獣(カイダ)に襲われ壊滅。生き残ったエン・レイを救ったのは、『黒の死神』の異名を持つ、イシャナの英雄インシオンであった。
彼が率いる遊撃隊の面々と共に引き続きイシャナ王都へ向かうエン・レイであったが、彼女を排する事で、緊張下にあるセァクとイシャナの均衡を崩そうと狙う何者かが襲撃を仕掛けて来て、旅路は困難なものとなる。

本編第一部『アルテアの魔女と黒の死神』、第二部『アルテアの魔女と南海の王』、第三部『アルテアの魔女と未来の彼方の子供達』、後日談『移りゆく季節』、インシオンを育てた男のスピンオフ物語『紅の鬼神』、次世代の物語第一部『死神の継承者と西方からの訪問者』、最終第二部『死神の継承者とアルテアの魔女』、全150話完結済です。

個人サイト『七月の樹懶』でも同作品を掲載しています。
作者名 たつみ暁
キーワード R15 残酷な描写あり  女主人公 異世界 姫と英雄 シリアス 歳の差 異能 たまにバトル 後日談あり スピンオフあり 男主人公(続編) 恋愛 HJ大賞
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2013年 12月21日 11時28分
最終話掲載日 2015年 03月22日 09時33分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 220件
総合評価 547pt
ポイント評価 53pt  : 54pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 469,542文字
N4902EE| 小説情報| 連載(全4部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
風の精霊トル・メダと語り合う風詠士を生み出してきた小国ミナ・トリア。 かの国は、十七年前に直系の風詠士である王族を失った後、暴君によって荒廃しきっていた。 風は止み、水は澱み、人々の心は荒んで、民を守るはずの騎士団が不逞//
N2542DL| 小説情報| 完結済(全29部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 人類と、彼らを襲う竜が存在する世界。  竜退治を行う『狩竜士(かりゅうど)』の中でも凄腕と称えられた戦士ライルは、ある日、伝説の凶悪竜を倒せる狩竜士を探す幼女と出会う。  敵無しのはずのライルを一撃でのした力を持つ彼女//
N7260CW| 小説情報| 完結済(全58部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
矢田未来は、ごくごく普通の高校二年生だった。 金色の瞳を持ち、周囲から疎外されている事を除けば。 ある日の帰り道、弟の利久と共に光の奔流に飲み込まれ、辿り着いた先は、異世界の国フォルティアだった。 王太子ファルスディーン//
N3154CU| 小説情報| 完結済(全46部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
二〇〇七年十二月。二十九歳の誕生日目前にアタシはフラれた。 思いきり凹んだ帰り道、マンホールに落っこちて辿り着いた先は、異世界の国フォルティア。 は? 女神に選ばれた戦巫女? 世界を救え!? なんだそれ!? あと、アタシ//
N5466DF| 小説情報| 短編| 異世界〔恋愛〕
かつて『名誉王』と呼ばれた人物が遺した宝の存在。 奔放な王子ローランドと共に、女騎士レイラはその宝を探し求める。 微妙な距離感の二人が、『真の宝』を見出すまでの物語。 コバルト短編新人賞『もう一歩の作品』。 自サイト『//

トラックバック []

御著書を形態素解析させて頂きました - NAROU ANALYZER

「小説家になろう」に投稿されている他の人気作品の平均値と比較しての、御著書の品詞の出現傾向を御確認頂けます。また、品詞の出現傾向が近似している他の人気作品も御確認頂けます
URL:http://narou.hahasoha.net/ncode/n1413bx

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ