ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1394DJ

やわらかな風〜初夏の頃〜

短編
あらすじ どこを見上げても高層ビルの群。
ここは、冷たいコンクリとガラスに囲まれ、人波溢れかえる都会。
日々生活していると、突然、息苦しくなる。
山や川など比較的自然のある場所へ行き、風を感じ、草木の声を聞いていたくなることがあるーーーー。

短編のエッセイです。
作者名 和紀河忍
キーワード 日常 文学フリマ短編小説賞 ほのぼの 現代 癒し
ジャンル エッセイ〔その他〕
掲載日 2016年 06月16日 23時37分
感想 0件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 703文字
N5393DJ| 小説情報| 連載(全9部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
誰もが帝となると信じていた皇子が謀反の咎で刑に処せられた。 人々はさめざめと泣き悲しんだ。 幸せな時が終わりを告げて、全てを失った皇女は夫と運命をともに・・・ 皇子は冷たい土の下に眠る。 呪に縛られ、再び蘇る事を許され//
N6183DJ| 小説情報| 完結済(全5部) | 推理〔文芸〕
夕暮れの真っ赤な太陽は少年の心を狂わせた。 何よりも花を愛していた少年、何のためらいもなく人を殺害してゆく少年。 彼の心は純粋すぎたのだった。 それがいつしか狂気に変わり、不協和音となった。 彼にとって花は人であり、人は//
N4634DJ| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
時を刻む機械。 その魅力的なフォルムは、時に僕らの生活を支配する----。 超短編のエッセイです。
N0527DJ| 小説情報| 完結済(全7部) | 純文学〔文芸〕
第2部 神婚 「一族の総領以外、この儀式を誰も覗き見てはならぬ。」 好奇心おう盛な幼き弟は、その晩こっそりと神の部屋に忍び込み、美しき兄と神との秘密の儀式を覗き見たーーー。 第1部 虚妄の家 「冷たい水底であなたの//
N1541DJ| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
手は時にその人の履歴書となる。 その人の人柄、生活史。 傷一つない手、白く長い指-----確かにそれは美しいかもしれない。 しかし、苦労を重ね、年を重ねた皹だらけ、皺だらけの手などもまた、重みがあり美しい。 手について//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ