ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1351BN

文字の海

短編
あらすじ 誰のココロの中、頭の中にもあると思う、海。
その海は、人の心をの一部を、象徴的に表している。
そして、その海から徐々に視線を動かして見えて来たものから、『私』は、私の心の真実を、読み解こうとする。
作者名 茅野 遼
キーワード 冬童話2013 海 文字 樹 心の景色 頭の中の記憶
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2013年 02月05日 02時42分
最終更新日 2013年 02月05日 13時24分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 1件
総合評価 12pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 2,217文字
N1351BN| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
誰のココロの中、頭の中にもあると思う、海。 その海は、人の心をの一部を、象徴的に表している。 そして、その海から徐々に視線を動かして見えて来たものから、『私』は、私の心の真実を、読み解こうとする。
N4391H| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
私を大切に思ってくれている人への、タイトル通りの短い手紙です。超短編を書いてみたくて投稿してみようと思いました。
N2373G| 小説情報| 短編| 純文学〔文芸〕
青年と、野良猫(彼女)の、ほんの短い時間の物語。
N8175F| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
ふわふわと足元の覚束ない可笑しな空間。此処は天国?それとも三途の川べりでしょうか。老夫婦の短い短いお話です。
N3299F| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
利知未の弟分・宏治が手伝っている母親の店『スナック・バッカス』の軒下へ、ツバメの夫婦が巣を掛けた。卵を産み、雛が孵り、雛達が成長して再び南へ渡っていくまでの三ヶ月間、バッカスには懐かしい顔ぶれが顔を出す。『あなたは私の世//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ