ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1298BN

大きなタマゴはしあわせなタマゴ

あらすじ あなたを苦しめるあなたに――


 王様だけが話すことの出来る、大きなタマゴは、タマゴの王国の象徴です。
 不思議なタマゴは、この世で知らないことはないと言われ、歴代の王様たちもタマゴに助言を求めたと言われています。

 王様の亡くなった王国では、娘である姫様がとりしきっています。
 弟の王子は次の王として自覚が足りなくいらだたせ、家来はご機嫌取りばかりでうんざり、大臣からは疎ましく思われ、なかなかうまくいきません。

 ある日、国の象徴である大きなタマゴに、お姫様は会いに行きますが……





*2/12
・構想KBは(著者の力不足により)意味をなさなくなりました
・第十節記載→十五節まで一挙記載!
・あ、童話祭に間に合わない→間に合わせました!
作者名 今西泰
キーワード 童話 ファンタジー 異世界 冒険 姫 執事 タマゴ おとぎばなし 冬童話2013 夢
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2013年 02月04日 23時59分
最終部分掲載日 2013年 02月12日 05時00分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 0pt
ポイント評価 0pt : 0pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 41,025文字
N1298BN| 小説情報| 完結済(全16部分) | 童話〔その他〕
あなたを苦しめるあなたに――  王様だけが話すことの出来る、大きなタマゴは、タマゴの王国の象徴です。  不思議なタマゴは、この世で知らないことはないと言われ、歴代の王様たちもタマゴに助言を求めたと言われています。 //
N8359W| 小説情報| 連載(全3部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
《 「今なら世界救えそう」 大きなあくびをひとつして、彼女はそう答えた。 …… 私は漫画のページをめくった。 …… 正直二十歳にもなって痛すぎる。 …… 「まずさ、この世界には足りないんだよ」 …… もう3時か、眠くなる//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ