ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1182DG

お昼の放送はラジオ部におまかせ!

あらすじ 葦ヶ崎高校一年生の黒鳥俊輔が所属するラジオ部は、毎週水曜日に昼休みを使ってラジオ放送をしている。しかし部を名乗ってはいるけれど、正式にはまだ同好会だった。部員があと一人足らず、顧問もいない。果たしてラジオ部は正式な部に昇格出来るのだろうか……
※オブラートに包んだ下ネタが散見されるかと思いますので、苦手な方はご注意くださいませ。
※カクヨムにも投げてます。
作者名 黒猫時計
キーワード 日常 青春 ラブコメ 学園 部活モノ 同好会 ラジオ 先輩 先生 下ネタ
ジャンル コメディー〔文芸〕
掲載日 2016年 04月13日 21時41分
最終部分掲載日 2016年 04月16日 23時00分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 1件
ブックマーク登録 5件
総合評価 20pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 101,720文字
N1994DR| 小説情報| 連載(全79部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
「おお勇者よ、死んでしまうとは情けない」 いつも通り、王様は決まり文句を口にした。だが今回は、勇者の反応が異なっていた。予想だにしなかった勇者の反抗。結果、王様は無理やり勇者をさせられ、何処かにいるとされている魔王を倒す//
N6277DG| 小説情報| 連載(全3部分) | 童話〔その他〕
白と黒に色分けし、それぞれ趣の違う短編童話をオムニバス形式でまとめていこうと思っています。 のんびり更新していければなと思っております。 【白の章】 基本ハッピーエンドのお話で構成されています。残酷描写、流血描写は出て//
N1182DG| 小説情報| 完結済(全16部分) | コメディー〔文芸〕
葦ヶ崎高校一年生の黒鳥俊輔が所属するラジオ部は、毎週水曜日に昼休みを使ってラジオ放送をしている。しかし部を名乗ってはいるけれど、正式にはまだ同好会だった。部員があと一人足らず、顧問もいない。果たしてラジオ部は正式な部に昇//
N9575CN| 小説情報| 完結済(全29部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
ひょんなことから、狐の神様である天音に噛み憑かれた少年、神藤陽一。平凡な毎日を普通に過ごしていた彼の日常は、天音に憑かれたことで終わりを告げた――。 ※カクヨムにも投げてます。
N6518CE| 小説情報| 完結済(全4部分) | コメディー〔文芸〕
コンビニに、勇者の剣が売っていた。高校二年生の春。各務隼人は、二十一円のその剣をチロルと迷いながらも買って帰る。しかしその剣には『周囲の人間のノリがなんか良くなる呪い』がかけられていて……

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ