ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1173DU

ミクロの波の揺り籠

あらすじ ――あたためるのは食べ物だけじゃない
大型連休中のある日、前の家から持ってきた古い電子レンジが壊れてしまった。
鍋やフライパンで調理できなくはないものの、やっぱり無いと不便なもの。
新しく買うべきかと財布と相談していたところ、商店街の福引きで最新式の電子レンジが当たる。
ただ、この電子レンジには、一つだけ、不思議な機能が備わっていた。
作者名 若松ユウ
キーワード 日常 ホームドラマ ほのぼの 現代 群像劇 ハッピーエンド 掌編 セリフ小説
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 02月02日 10時23分
最終部分掲載日 2017年 03月21日 12時00分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 7pt
ポイント評価 3pt  : 4pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 8,934文字
N0132EF| 小説情報| 連載(全131部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
十二年前に他界した父に代わり、一家の稼ぎ頭として奮闘する長女、鶴岡松子。二人の妹の面倒に嫌気が差していた矢先、母親が甥を連れて帰ってきた。これは、そんな五人が織り成す、笑いあり涙ありのホームドラマ。
N9680EF| 小説情報| 短編| 詩〔その他〕
歴史の教科書には、おそらく載っていないであろう、過ぎ去りし日常の一コマ。
N3101ED| 小説情報| 完結済(全40部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
高校在学中に漫画家デビューしてから五年。すっかりスランプに陥ってしまった主人公、東海林。 現状打開策として編集担当者から海外旅行を勧められる。 行き先はグースフォーチュン州、ヘブンミニスター島。 実は、この島は、一風変わ//
N9588EE| 小説情報| 短編| ローファンタジー〔ファンタジー〕
僕は黒猫のナイト、だったはずなんだけど、ある日、またまた人間の姿になってしまったんだ。今から話すのは、そのときの摩訶不思議な体験談。
N0858EF| 小説情報| 短編| その他〔その他〕
地理のレポート課題に追われる三人の学生が、勉強の退屈さから作り話をするだけの小話。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ