ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1173DU

ミクロの波の揺り籠

あらすじ ――あたためるのは食べ物だけじゃない
大型連休中のある日、前の家から持ってきた古い電子レンジが壊れてしまった。
鍋やフライパンで調理できなくはないものの、やっぱり無いと不便なもの。
新しく買うべきかと財布と相談していたところ、商店街の福引きで最新式の電子レンジが当たる。
ただ、この電子レンジには、一つだけ、不思議な機能が備わっていた。
作者名 若松ユウ
キーワード 日常 ホームドラマ ほのぼの 現代 群像劇 ハッピーエンド 掌編 セリフ小説
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
掲載日 2017年 02月02日 10時23分
最終話掲載日 2017年 03月21日 12時00分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 7pt
ポイント評価 3pt  : 4pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 8,934文字
N0033EB| 小説情報| 連載(全38部) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
♪常世で一番、ヨドヤ。電話は一〇五四(トコヨ)。 お盆、お彼岸、お正月。帰省先にお困りの皆様に朗報です。 一級河川、三途の川の左岸に、リバーサイドホテルがオープンしました。 私、支配人の大日が、アルカイックスマイルと共に//
N0623ED| 小説情報| 連載(全3部) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
これは大学院の博士課程三年目の後期、在外研究に旅立ってしまう指導教官に代わってゼミ生の面倒を看ることになった一人の男の生活記録である。
N6483EC| 小説情報| 短編| コメディー〔文芸〕
直球発言の養護教諭、卜野。 変わり者の化学教師、江口。 大阪出身の生物教師、安田。 これは、ある日の保健室で交わされた三人の会話を綴ったものである。 ※「相談室のシエロさん」及び「飼育員のヤッサン」の続編です。
N5366EC| 小説情報| 完結済(全5部) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
『組曲「生徒会」』の番外編。 ソラの祖母が九十歳で亡くなってから早七年。 茶子と翠人の愛娘・みどりと、紺平と藍の愚息・藍平(らんぺい)が、ソラがマスターを務める喫茶「とまりぎ」でアルバイトすることになった。 これは、アル//
N6423EC| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
駅で、ホームで、車内で。そっと耳を澄ましてみれば、こんな会話が聞こえてくるかもしれない。そんな、名も無き七組の男女による対話篇。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ