ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1170DK

ドッペルゲンガーを相棒にした魔物バカな変人研究者に突撃インタビューをしたが、目の前にいる彼は果たして本物なのだろうか。

短編
あらすじ え、目の前にいる私が、本物の私か気になるかい?
 確かに、私は魔物の研究で忙しい。面倒ごとは、ドッペルゲンガーの一人や二人に押し付けてしまってもおかしくはないような人間だ。
 しかし、ドッペルゲンガーは質問に自ら考え答えるといった高度な会話はできないものなのだよ。
作者名 まいまいഊ
キーワード 日常 影武者 魔物ラブ 異世界観察 星球大賞
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 07月07日 05時58分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 7件
総合評価 95pt
ポイント評価 41pt  : 40pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 1,741文字
N9590DZ| 小説情報| 完結済(全4部分) | 空想科学〔SF〕
 空に浮かぶのは青い月。僕は地球ではない星にいた。  僕はこの星で出会った導師に恋をしている。しかし、その想いは伝えることができても、成就することはない。  その理由は、僕がこの星の生命ではないことに由来する。僕はこの部//
N6088EA| 小説情報| 完結済(全3部分) | 空想科学〔SF〕
僕の名前はリダ。 母子家庭に育った。父は帰ってこない。 兄は僕の生まれる前に死んでいる。悲しんだ母は、弟の僕に兄と同じ名前をつけた。 兄の名前はリダ。 兄リダの命日がくる度、弟リダは「自分の名前の墓」に行く。「ぼくの//
N9557DZ| 小説情報| 短編| 空想科学〔SF〕
考古学者とその助手は、1000年前の遺跡を発掘していた。そこは、昔のゴミ捨て場だった。
N6907DZ| 小説情報| 短編| 空想科学〔SF〕
 それでも地球は回っている。と、ガリレオ・ガリレイは言った。  そして、今も、地球は暗い宙の中を変わることなく回り続けている。
N9697V| 小説情報| 完結済(全13部分) | 詩〔その他〕
――移り変わる世界たちの。 ★テーマは自然の風景★

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ