ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1163DK

君に出会ったあの日を忘れない 

あらすじ 6年ぶりに母親の実家である秋田に訪れた磨緒は、叔父が経営するペンションの近くにあるスキー場でスキー初心者にもかかわらず、無謀にも上級者コースを滑走し暴走した。
成す術を失い恐怖と共に死をも予感した磨緒はある女性に救われ、左足を骨折したものの事なきを得た。
磨緒を救った女性、それは偶然にも幼い頃から知り合う従姉の瞳だった。未だに磨緒の脳裏にある瞳の姿はあのおかっぱ頭の男勝りの女の子。しかし、目の前に現れた瞳の姿はすっかり変わっていた。
6年ぶりに再会した瞳のその姿は、一瞬にして磨緒の心を埋め尽くしてしまった。
久しぶりの再会に喜ぶ二人であったが、お互いこの6年間の間に起きた暗い過去に、深い心の傷を抱いていた。

大学の講師との不倫、貧しさ母子家庭という境遇にあった磨緒への学校での虐め。
深い心の傷を負いながら成長し再会した二人。
そして二人は改めて知る。自分たちが本当に追い求めていた気持を……

6年前磨緒が瞳からもらった小さなお守り、それは瞳が高校3年の夏合宿セミナーの講師からもらった二つの小さなお守りの一つだった。
そのお守りにはある力込められていた。それは縁を結ぶこと。
人を好きになる事と人を愛する事の違いとは?
二人に託されたこのお守りによってたぐり寄せられる、二人のこれからの未来は……そして二人が迎える運命とは……

二人が立ち向かう禁断の恋とも言える想いは、最後まで結ばれるのだろうか……
秋田編は
磨緒と瞳が6年ぶりに出会ってから、磨緒が東京に戻るまでの二人の想いを描いたハートストーリーです。

作者名 さかき原 枝都は
キーワード R15  身分差 年の差 スクールラブ 恋愛 不倫 生徒と教師 禁断の恋 お守り 縁 三角関係 歳の差 心の傷跡 裏切り 心移り 秋田
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
掲載日 2016年 07月07日 04時15分
最終部分掲載日 2017年 08月24日 21時00分
感想 5件
レビュー 1件
ブックマーク登録 2件
総合評価 14pt
ポイント評価 5pt  : 5pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 69,487文字
N9085EF| 小説情報| 連載(全18部分) | 現実世界〔恋愛〕
ある救命医の想い。それはもう二度と会う事の出来ない人との約束だった。 救命医として勤務する田辺、彼の愛する人は笑顔が印象的な人だった。だが今はもうその笑顔は二度と彼の前には現れない。 だが、ある日恋人だったまゆみの妹//
N0211EG| 小説情報| 連載(全13部分) | 現実世界〔恋愛〕
人の心は雲の様に淡くそして儚く変わりゆく。 念願の高校に幼馴染と共に受かった僕は入学式の6日前ある河川敷の公園でアルトサックスを奏でる金髪の妖精の様な少女に出会った。 彼女の奏でるアルトサックスの音色は、僕の心を揺さぶっ//
N0181EG| 小説情報| 連載(全12部分) | 現実世界〔恋愛〕
3.11あの日私のすべては失われた…… 母親と二人暮らしだった私、蒔野巳美は、あの東日本大震災ですべてを失った。 たった一人の家族だったお母さん。そして本当に私の事を想い見ていてくれた彼氏。あの日起こった津波は私のす//
N9109EF| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
縁側に佇む老婆のひと時の思い出話。 その思いは間違った思いだったのだろうか。そして私の歩んできた人生は・・・ 最後の想い、そしてそれは人生の想いだった。
N9078EF| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
秋田県は大仙市で行われる夏のイベント「大曲の花火」花火は儚く大輪の華を咲かせ消えうせる。五年前に起きた震災を目の当たりにした女子高生は生きる気力を失った。 時を消化する。ただそれだけの想いでしかなかった彼女は「大曲の花火//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ