ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1050DG

神様、ちょっとチートがすぎませんか?

あらすじ 生まれたときから病弱で病院の外に出たことがない少年、桜勇太(さくらゆうた)。
11歳の誕生日に今までにない痛みを感じて死亡する。
気がつくと勇太の魂は見渡す限り真っ白な世界にいた。
勇太の前に、突然現れる現れるガングロコギャル(死語)。
彼女は自分のことを神様だといい、勇太を転生させることができると持ちかける。

いくつかの転生先候補のなかから、剣と魔法の世界への転生を望んだ勇太。
前世では病弱だったので、特別に少しだけ体力魔力を他の人より多めにしてもらうことになった。

ところが、ちょっとだけ力と魔力を多めにしてもらうはずが、神様がパラメータを打ち間違えて常人の200倍の力と魔力をもらってしまい……!?

力がありすぎて、生まれてすぐに床こわしちゃったよ……
っていうか、母乳を吸おうにも、力が強すぎてお母さんおっ○いを傷つけそうで怖いよ……
普通に歩くだけで床に穴が開くよ……
壁にもたれかかったら壁が倒れるよ……
おんぶしてもらったら、お父さんを絞め殺しそうだよ……

そして、魔力は10歳までに制御方法を学ばないと世界が滅ぶらしい……

……って、いくらなんでもチートがすぎるわっ!!

病弱な前世もつらかったけど、チートをもらいすぎた今回の人生もいろいろ苦労が多すぎる!!

---------------------

――現世で生を全うできなかった少年は、新たな世界で幸せを求める。
 しかし、『幸せになりたい』という夢をかなえるの難しさを、少年はまだ知らない。
 自分自身の幸せを追い求める少年は、やがて世界に幸せをもたらす『勇者』となる――

◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ラクルス村編完結!!

『幸せになりたい』というパドの想いのいくつ先は!?
少年よ、勇者になれ!!

……現在、次章のプロット作成中にて続きはしばらくお待ちください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇
外伝もあります(現在本編の更新を優先中)
http://ncode.syosetu.com/n8810dl/
作者名 七草裕也
キーワード 残酷な描写あり 異世界転生  オリジナル戦記 ヒーロー 冒険 チート 剣と魔法の世界 ファンタジー 男主人公 少年 西洋 中世 魔法 ツギクル大賞 勇者 王女 ツギクル大賞感想希望
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 04月13日 14時43分
最終話掲載日 2017年 02月21日 00時57分
感想 9件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 152件
総合評価 433pt
ポイント評価 64pt  : 65pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 246,645文字
N1050DG| 小説情報| 連載(全55部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
生まれたときから病弱で病院の外に出たことがない少年、桜勇太(さくらゆうた)。 11歳の誕生日に今までにない痛みを感じて死亡する。 気がつくと勇太の魂は見渡す限り真っ白な世界にいた。 勇太の前に、突然現れる現れるガングロコ//
N9983DU| 小説情報| 完結済(全4部) | エッセイ〔その他〕
『小説家になろう』に作品をUPする前に確認しておくべきことをまとめてみました。 あくまでも一例でなので、他にもたくさんあると思います。 『こんなことも確認すると良いよ』というご意見があったらどしどし感想欄やメッセージで//
N2653DT| 小説情報| 連載(全12部) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
小学6年生の木村太郎は平凡で普通な自分が嫌だった。 きっと、自分の人生も特徴のないつまらないものになるだろうと思うから。 夏休み明け、朝倉佳恋というその少女が太郎のクラスに転校生してくる。 和服姿という独特すぎる姿で小//
N8862DT| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
ある日、『小説家になろう』で小説を書いている七草裕也はエッセイを読んでいて自分の中に正体不明の感情を見つけた。 読むと『イラッ』とするいくつかのエッセイ。 だが、何故『イラッ』とするのかが自分でも分からない。 自分の//
N4356DT| 小説情報| 短編| エッセイ〔その他〕
ちゃんと書かいたのに読者が理解してくれない(´;ω;`) 正しい日本語なのに読者から間違っていると指摘された(≧ヘ≦) なんでもっとちゃんと読んでくれないんだよぉぉぉぉ\(*`∧´)/ ……文章書きが時に直面する、これ//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説の固定リンク
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ