ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1050DG

神様、ちょっとチートがすぎませんか?

あらすじ 『操りきれないチートは呪いと紙一重だよ!!』

 生まれながらに病弱だった僕(桜勇太・享年11歳)は、『常人の“2倍”』くらいの力と魔力をもらって剣と魔法の世界の村人パドとして転生した……

 ……はずだった。

 ところが、未熟な神さまの手違いで『常人の“200倍”』の力と魔力を持って産まれてしまう。
 おかげで、産まれたその日に家を壊しかけるわ、謎の悪魔『闇』が襲いかかってくるわ、教会に命を狙われるわ、王女様に勇者候補としてスカウトされるわ、もう大変!!

 僕は『家族と楽しく平和に暮らせる普通の幸せ』を望んだだけなのに、どうしてこうなるの!?

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 ――前世で大人になれなかった少年は、新たな世界で幸せを求める。
 しかし、『幸せになりたい』という夢をかなえるの難しさを、彼はまだ知らない。
 自分自身の幸せを追い求める少年は、やがて世界に幸せをもたらす『勇者』となる――

◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【2017/06/01】
連載再開『王都/勇者育成学校編』スタート!!
家族のため勇者育成学校への入学するパド。
王都での新たな出会いや経験。
喜びと悲しみを乗り越え、成長を遂げていく。

だが、諸侯連立、『闇』、そして神々との戦いの時は刻一刻と迫っていた。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【2017/05/19】
総合評価500pt超えました!!
応援、本当にありがとうございます!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【2017/04/13】
連載開始1周年です。
ありがとうございます!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇
↓↓↓外伝集(アル王女様の過去とか)↓↓↓
http://ncode.syosetu.com/n8810dl/
※現在本編の更新を優先しています。

↓↓↓設定集・キャラ紹介&作者雑感・作中世界地図など↓↓↓
http://ncode.syosetu.com/n1789dv/
※読まなくても本編は問題なく楽しめます。
作者名 七草裕也
キーワード 残酷な描写あり 異世界転生  オリジナル戦記 ヒーロー 冒険 チート 剣と魔法の世界 ファンタジー 男主人公 少年 西洋 中世 魔法 勇者 王女 ツタヤリンダ大賞A2 HJ大賞
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2016年 04月13日 14時43分
最終話掲載日 2017年 06月24日 21時21分
感想 9件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 203件
総合評価 535pt
ポイント評価 64pt  : 65pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 373,127文字
N1050DG| 小説情報| 連載(全90部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
『操りきれないチートは呪いと紙一重だよ!!』  生まれながらに病弱だった僕(桜勇太・享年11歳)は、『常人の“2倍”』くらいの力と魔力をもらって剣と魔法の世界の村人パドとして転生した……  ……はずだった。  とこ//
N1976EB| 小説情報| 短編| パニック〔SF〕
ある日世界から人と人工物ど動物と植物が消えた。 ただひとつ、『あの植物』を除いて。 ……誰もが知っている『あの植物』以外に食料がなくなった世界で、2人の子どもを育んだ女性。 元の世界を知らない子ども達と、元の世界に戻り//
N8810DL| 小説情報| 連載(全5部) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
『神様、ちょっとチートがすぎませんか?』の外伝(番外編)シリーズです。 本編は↓になります。 http://ncode.syosetu.com/n1050dg/ 本編更新を優先するため、こちらの更新は極めてノンビリです//
N2653DT| 小説情報| 完結済(全15部) | 童話〔その他〕
小学6年生の木村太郎は平凡で普通な自分が嫌だった。 きっと、自分の人生も特徴のないつまらないものになるだろうと思うから。 夏休み明け、朝倉佳恋というその少女が太郎のクラスに転校生してくる。 和服姿という独特すぎる姿で小//
N2608DQ| 小説情報| 完結済(全14部) | 童話〔その他〕
時は平成。 この時代になっても、人知れず活動する忍者の一族がいた。 その名は『羽黒(ハグロ)』 悪をもって悪を制す異能の一族。 羽黒円空(えんくう)、光感(こうかん)。 12歳の双子の兄妹は羽黒家の忍びの末裔。 掟に従//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ