ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1027BN

恋する妖精 ~フェアリスドール~

短編
あらすじ フェアリスドールは恋をした。
作者名 じぇねこ
キーワード 悲恋 冬童話2013
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2013年 02月04日 13時22分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 3件
総合評価 49pt
ポイント評価 22pt  : 21pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 12,642文字
N1969DX| 小説情報| 連載(全67部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 ――人狼を殺さなければ生きていくことが出来ない。平和を望む善人であろうと、人間を虐げる悪人であろうと、私には関係ない。  〈赤い花〉の魔女アマリリスの食事は人狼を殺すこと。目的もなく、半永久的に薄暗い世界を放浪し、た//
N5413EF| 小説情報| 完結済(全7部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
茨の館の奥様は、寂しい心を癒すために美しい精霊たちを売る春の市場を訪れた。高貴な身分の御方々の御供に相応しいのは、見た目だけではなく中身も従順であることが望ましい。 しかし、奥様の気を引いたのは、葡萄色の双眸に明らかな反//
N5696DK| 小説情報| 連載(全39部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
「ベリーはいかが?」  赤ずきんの娘は各町を訪れながら人々に呼びかける。色とりどりの美しいベリーという宝石。ほっぺたが落ちてしまうほど美味しい味のするその魔石を売りながら、今日も彼女は行方不明の兄を探して旅を続けていた。//
N6941DO| 小説情報| 連載(全30部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
被虐的な欲求に苛まれる魔女の幽(ゆう)とその主人である霊(れい)。魔という存在を忘れつつある乙女椿という国で、二人はひっそりと身を寄せ合って暮らしていた。 名前のある72のいわくつきの古物と、人間ではない二人によるごく日//
N8248ED| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
アルバムを片手に昔のことを思い出す。裏野ドリームランドで遊んだ子ども時代。どうして、わたしはウサギの着ぐるみが怖かったのだろうか……。 すっかり忘れていた記憶が頭の中によみがえる。 ※夏のホラー2017に合わせて書いた//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ