ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1021BN

雪の降る日に

短編
あらすじ 村に雪が降った日。
道に迷った弥吉は、二人の子どもに出会います。
暖かくてちょっと不思議な、童話らしい童話。そんな雰囲気を目指してみました。冬童話2013参加作。
作者名 子志
キーワード 冬童話2013 ほのぼの 和風 ファンタジー
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2013年 02月04日 12時58分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 2件
総合評価 40pt
ポイント評価 17pt  : 19pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 5,765文字
N3681EJ| 小説情報| 連載(全2部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
罪に問われ、生死不明となった鴻宵。混乱の中、交錯するそれぞれの想い。 そして明かされる、五百年前の真相とは。 古代中国風異世界ファンタジー、完結編。 筆者運営のサイト「淵に睡る」にて連載中の長編を少しだけ加筆修正して投稿//
N6469EA| 小説情報| 短編| 歴史〔文芸〕
けちで高慢で、しかもしばしば派手な失敗をやらかす青年と、彼の才能を信じ温かく見守る友。 数奇な曲折を経て、後に彼は述懐する。 「我を生む者は父母、我を知る者は鮑子なり」
N7988DR| 小説情報| 完結済(全14部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
とある山の中腹。  山深い場所というわけでも、人里離れているわけでもないその場所に、ぽつりと一軒の家が建っている。  見たところ、何ということも無いごく普通の、やや古風な造りの木造家屋。  しかし知る者は知る。  夜が来//
N8431DD| 小説情報| 短編| ホラー〔文芸〕
「僕はこの現実に並行する世界、即ちパラレルワールドの存在を確信し観測した」 平時どちらかというと理屈っぽく唯物主義的な友人が、唐突にそんなことを言い出したものだから、僕の目と口は大きく開き、ぽかんとした阿呆面を晒してしま//
N9713DA| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
誰にも顧みられず、守るべきものを見捨てて。 それでもなお、国を救えるか。 ――これは、物語の英雄になれなかった、凡庸な男の話である。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ