ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N1003CM

雪山からのラブレター

短編
あらすじ  あの山には近づかない方がいい。タゲリのおじいさんはずっとそう言い続けている。その言いつけはいつの間にか、アトリたち郵便配達人の間だけでなく、町全体に広がっていった。それなのに、妹のカンナがあの山にある氷の城を見たいと言ってきた。氷の女がいる氷の城を見たいと。
作者名 銀子
キーワード 冬童話2015 ファンタジー 雪 氷 兄妹 郵便配達 恋愛
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2015年 01月13日 20時50分
感想 0件
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 6pt
ポイント評価 3pt  : 3pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 7,737文字
N1741DT| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
「王さまからのほうびはなんだと思う?」 「お母さんは野菜の種がいいな」 僕の家族は、冬が長引いたせいで、崩れていく。僕は、弟と冬の女王を探しにく。
N9538DO| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
地味な少女、陽子が学校一のアイドルのあやかになってしまった!?陽子は、このままアイドルになれるのか、それとも元に戻るのか。陽子の出した答えは……。
N1003CM| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
 あの山には近づかない方がいい。タゲリのおじいさんはずっとそう言い続けている。その言いつけはいつの間にか、アトリたち郵便配達人の間だけでなく、町全体に広がっていった。それなのに、妹のカンナがあの山にある氷の城を見たいと言//
N2307CC| 小説情報| 短編| 現実世界〔恋愛〕
僕は恋をした。誰にも言えない恋。 負け犬の彼女と勝ち組彼。その真実は? ※自サイト「SPOT.G.P」より転載
N0628BY| 小説情報| 完結済(全11部分) | 童話〔その他〕
長く暗い冬の使いがやってきた。冬の使いが冬を運んできた。でも、どうして冬が来る? 冬が来なければあの子は冬眠しないのに。冬眠しなければ、人も減らない。冬が来なければ、喧嘩だってしないのに。全ては冬のせいだ。冬なんかなくな//

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ