ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0994BN

冬をさがして

短編
あらすじ 「冬を感じるときはどんなとき?」 とある冬の季節、病室の少女は冬を巡る旅人と出会い、季節の感じ方を知るのでした。※本作品は冬の童話祭2013参加作品になります。
作者名 遊馬瀬りど
キーワード 冬童話2013
ジャンル 童話〔その他〕
掲載日 2013年 02月04日 12時08分
感想 1件
※ログイン必須
レビュー 0件
ブックマーク登録 0件
総合評価 18pt
ポイント評価 8pt  : 10pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 7,487文字
N5009CZ| 小説情報| 連載(全8部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
僕の社会人生活2年目の春は、ある1人の少女との出会いから始まった。 それは僕と少女の過去と現在を繋ぐ出会い。 それは僕と少女の現在と未来に繋がる出会い。 それは彼女の過去と未来を繋げる出会い。 だからこれは――幸福の行方//
N6967V| 小説情報| 完結済(全111部分) | ノンジャンル〔ノンジャンル〕
封術学園。そこはプロの封術師を目指す若者たちの集う国立の高等専門学校である。世界多重層構造理論によって無数に重なり合う異世界の存在が証明された時代に、特別な事情を抱えた少年と特別な力を宿した少女が鷹津封術学園の門を開いた//
N0994BN| 小説情報| 短編| 童話〔その他〕
「冬を感じるときはどんなとき?」 とある冬の季節、病室の少女は冬を巡る旅人と出会い、季節の感じ方を知るのでした。※本作品は冬の童話祭2013参加作品になります。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ