ブックマーク登録する場合はログインしてください。

N0959CO

退魔の盾

あらすじ  連続殺人犯として、死刑宣告を受けた「ボク」。
死刑が執行され、死んだと思った時、「ボク」はベッドの上で蘇生した。
「ボク」は、新しい名前と身分を与えられて、国のために働かされることになったのだった。
戦闘技術を訓練で叩き込まれ、「姫様」と呼ばれる女性の「事案対策時の護衛」が「ボク」の存在理由になった。
警察が対処できない特殊な事案を専門に対策する女性の「肉の盾」としての必要な素質を「ボク」は持っているらしいのだ。
全てを救おうとする彼女と、自分の事にすら関心がない「ボク」。
時に反目し、時に互いを理解しようと努めながら、誰もこなすことが出来ない危険な事案処理に、ボクたちは立ち向かう。

※ 第五回ネット小説大賞に入選しました。閲覧していただいた皆様、ありがとうございます。

作者名 鷹樹烏介
キーワード R15 残酷な描写あり  ハードボイルド 異能力バトル 退魔 ダークファンタジー 殺人鬼 ネット小説大賞五 ネット小説大賞感想
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
掲載日 2015年 03月02日 12時23分
最終部分掲載日 2016年 03月12日 03時28分
感想 24件
レビュー 2件
ブックマーク登録 914件
総合評価 2,502pt
ポイント評価 338pt  : 336pt
(文章評価:ストーリー評価)
開示設定 開示されています
文字数 146,357文字
N1003DJ| 小説情報| 連載(全21部分) | ローファンタジー〔ファンタジー〕
『退魔の盾』のスピンオフで、短編を書いてゆきます。 伏線回収とか、謎解きとか、これで補完する予定です。 不定期更新です。 実験的な作品もここでUPします。 この短編集単独でも楽しめるようにしていますが、拙作『退魔の盾』//
N1890CS| 小説情報| 連載(全91部分) | 歴史〔文芸〕
 剣の天才、深甚流の創始者『草深 甚四郎』に育てられた男、草深 甚吾。  彼は、創生期の江戸の町で、深甚流剣術道場を開いた。  門下生はなく、海で釣りをしながら、街も城も大普請で大忙しの江戸の町で、一人のんびりと暮らして//
N0438DQ| 小説情報| 完結済(全27部分) | ヒューマンドラマ〔文芸〕
死んだ方が都合がいい立場に追い込まれ、死んだことにされた元・警察官の主人公。 まるで『死人』の様に虚無に生きている主人公の知り合いが殺される。 その知り合いは、自分が殺される事を予期していたかのように、主人公に金を残して//
N8062DP| 小説情報| 完結済(全37部分) | ハイファンタジー〔ファンタジー〕
 遺伝によって、生まれながらにして特殊能力『魔導』を使える能力者が存在する世界。  世界を滅ぼす『魔王』と戦うために発見・開発された『魔導技術』だが、『魔王』が滅んで百年経過した現在、『魔導技術』は国家の『軍事力』となり//
N2582DW| 小説情報| 短編| ヒューマンドラマ〔文芸〕
父が亡くなり、葬儀直前までの経緯をまとめたものです。 気持ちの整理のため書いたのと、備忘録的な意味合いもあります。 読むと暗い気持ちになるかもしれませんので、あらかじめご注意ください。

トラックバック []

[ 全作品のトラックバック一覧はこちら ]
◆この小説のトラックバックURL
◆この小説のURL
   (リンク自由)
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

↑ページトップへ